KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

標準化で設計不要に、ロケットラボが小型衛星を販売へ
Rocket Lab
Rocket Lab is now selling custom satellites to go into its rockets

標準化で設計不要に、ロケットラボが小型衛星を販売へ

人工衛星打ち上げ企業であるロケットラボ(Rocket Lab)は、ロケットだけでなく人工衛星も顧客に提供すると発表した

ロケットラボの人工衛星を利用すれば、諸機関は人工衛星の「バス」と呼ばれる外部構造を設計する必要がなくなる。その代わり、ロケットラボの打ち上げる人工衛星にスムーズに搭載できるよう設計された既製の型の中に、センサーや装置を組み込むことになる。

「フォトン(Photon)」と呼ばれるこのカスタマイズ可能な人工衛星は、地球低軌道を飛行するよう設計されており、最大積載量は170キログラムである。人工衛星としてはかなり小さい類だが、それはロケットラボが小型の人工衛星に重点的に取り組んでいるためだ。フォトンは人工衛星を最長で5年間軌道に乗せておけるように設計された推進装置を装備している。

人工衛星を標準化することで、ロケットラボは打ち上げごとの積載量を最大化することが可能となる。顧客は同社の技術を利用することで、人工衛星の外部構造を構築する手間を省ける。フォトンの最初の打ち上げは、2019年末となる見通しだ。

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2019.04.10, 9:57
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る