KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ロシア当局がVPNプロバイダーに接続要請、9社が「ブラリ入り」か
Associated Press
Russia will block VPN providers who don’t comply with a blacklist request

ロシア当局がVPNプロバイダーに接続要請、9社が「ブラリ入り」か

ロシアのVPNプロバイダーは、国営のITシステムに接続せよとの要請に、30日以内に応じる必要がある。

ロシアの規制当局であるロシア連邦通信局(Roskomnadzor)はこのほど、VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)サーバーのプロバイダー10社に対し、国のブラックリストと接続するよう通知した。VPNは安全な暗号化された接続を確立し、ユーザーのコンピューターが別の場所にあるかのように見せかけ、国内で遮断されている特定のWebサイトにアクセスできるようにする技術である。

ロシアのインターファックス通信の先週の報道によると、10社のうち1社、ロシアに本拠を置くカスペルスキー(Kaspersky Lab)のみが当局の要請に応じたという。そのほかの9社は海外に本拠があり、要請を拒否する方針。当局は要請に従わないVPNサーバー自体をブラックリストに登録し、ロシア国内からのアクセスを遮断すると述べている。

連邦国家情報システム(FGIS)は、ロシア国内で禁止されているサービスやWebサイトが登録されているブラックリストである。子どもの性的虐待画像やテロ関連コンテンツ、賭博サイトから、暗号化されたメッセージ、「ゲイ・プロパガンダ(編注:ロシアにおける同性愛宣伝禁止法で禁止されているコンテンツ)」まで登録されている。ロシア政府がこのリストにVPNを追加することで、市民によるWebサイトの検閲回避が難しくなるのは確実だ。

今回の要請の裏付けとなる法律は2017年8月に通過したが、西側企業はあからさまに無視し、法律に従わなかったグーグルなどは昨年12月に7530ドルの罰金を課された。いまやロシアは、インターネット上の自由を厳しく取り締まり、世界的なインターネット・インフラから切り離した独自の「国営インターネット」を創設することに、より積極的な姿勢をとりつつある。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.06.11, 16:31
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る