KADOKAWA Technology Review
×
マガジン刊行記念「Vol.1 AI Issue」を新規購読でプレゼント。
さらに割引も。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

大手テック企業に3%の課税を、EUが提案
Robyn Mack | Flickr
The EU could make Big Tech pay tax on its turnover

大手テック企業に3%の課税を、EUが提案

欧州委員会は、シリコンバレーに公平な支払いをさせる新しい計画の概要をまとめた。

新しい税制案(いわゆる「デジタル課税案」)では、世界売上が9億2000万ドル以上、EU内売上が6000万ドルを超える企業に対して、売上高の3%の課税を強制するという。ロイター通信が報道した。

だが、この新しい税制案の成立にはEU加盟国の全会一致の承認が必要で、実現するかどうかはまだ分からない。

多くのヨーロッパ諸国は、大手テック企業が支払う税金があまりにも少ないと考えている。今回の提案は問題解決のための措置であり、グーグルやアップルからウーバー(Uber)、エアビー(Airbnb)にいたるまで、税金を公平に負担していないと見られる、ほとんどの大企業に打撃を与えることになる。

国際的なテック企業に関する緊張は高まっており、EUは米国との貿易戦争に備えている。今回の提案はさらに問題を複雑にする可能性がある。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.03.23, 15:37
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
マガジン刊行記念 15%OFF
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る