KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

食洗機ではありません——洗い残しナシの「食洗ロボット」登場
Dishcraft
The first robot for scrubbing dishes will check each plate for dirt

食洗機ではありません——洗い残しナシの「食洗ロボット」登場

家庭用キッチンにこのマシンがやってくるのは、残念ながらもうしばらく先になりそうだ。

スタートアップ企業「ディッシュクラフト(Dishcraft)」が、新しいロボットによる食器洗浄システムを発表した(食洗機ではない!)。業務用厨房を対象とした、1回に100枚ほどのお皿を洗える巨大なマシンだ。

仕組みは少し洗車に似ているが、洗うのは車ではなく食器だ。最初にカートにボウルやお皿を積み重ねてマシンにセットすると、中で食器が回転する。ロボットは洗い終わった食器を回収し、きれいに洗ってすすぎをする。その後、コンピューター・ビジョンを使って汚れが残っていないかを検査する。まだ汚れが残っている食器はシステムに戻される。洗浄が完了すると、食器をラックに積み重ねる。動いている様子は、以下の動画で確認できる。

食器洗いは繰り返し作業の汚れ仕事なので、スタッフの離職率が非常に高い理由の1つになっている。また、食器が破損することも多い。

このマシンは極めて高価であり、専用の磁気ベースの食器類にしか対応しない。これは明らかに問題だ。ガラス製や銀の食器は洗えないのだ。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.06.20, 6:55
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る