KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ICOで調達された資金の1割が盗まれていたことが判明 The ICO craze is making cybercriminals rich, too

ICOで調達された資金の1割が盗まれていたことが判明

起業家や投資家に加えて、ハッカーまでもが、ICO(新規仮想通貨公開)を利用して一儲けしようとしている。

世界4大会計事務所の1つ、アーンスト・アンド・ヤングが372件のICOを調査した結果、これまでに調達された合計約37億ドルのうち、約4億ドルがサイバー犯罪者の手によって盗まれていたことが判明した(「VALU騒動でも注目された「ICO」とは何か?」参照)。

アーンスト・アンド・ヤングの調査結果により、規制当局と議員によるICOに対する精査がより厳しくなるだろう。中国と韓国はすでに取引を禁止しており、多くの国が追随する可能性がある。米国では証券取引委員会(SEC)がICO詐欺に警戒するよう投資家に向けて注意喚起している。つい最近、SECは、投資家保護を目的とした法律の違反を理由に、2つのICOを停止したばかりだ。

規制当局がこの新しい資金調達方法と格闘する一方で、ICOによる大儲けは止まる兆しはない。暗号化されたメッセージング・サービスを提供するテレグラム(Telegram)は、今後、ICOによる資金調達を20億ドルに引き上げる予定だと最近発表した。

 

マイク オルカット [Mike Orcutt] 2018.01.23, 13:34
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る