KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

植物肉のインポッシブルバーガー、全米のバーガーキングで販売へ
Associated Press
The Impossible Burger is coming to a shop (and a Burger King) near you

植物肉のインポッシブルバーガー、全米のバーガーキングで販売へ

米国食品医薬品局(FDA)は、インポッシブル・フーズ(Impossible Foods)のハンバーグに含まれる重要な原材料を承認した。これにより、消費者は植物由来の「インポッシブル・バーガー」を直接購入できるようになる。

大豆レグヘモグロビンは、タンパク質ベースの色素添加物で、インポッシブル・バーガーを血のしたたるような本物の肉っぽくする「魔法」の原材料だ。FDAはこの大豆レグヘモグロビンの安全性を認めたと、ロイター通信が報じた。インポッシブル・フーズは、「厳選された小売店」で9月からインポッシブル・バーガーの販売を開始すると話している。

大豆レグヘモグロビン、別名「ヘム」は、大豆の根粒の中に含まれており、赤血球の中にある鉄含有タンパク質であるヘモグロビンによく似ている。インポッシブル・フーズは、遺伝子工学を使ってヘムの体積を増やして生産する。

バーガー好きにはさらにうれしいお知らせだ。米国に住んでいるなら、8月8日には、7200店舗のバーガーキング全店で「インポッシブル・ワッパー(ワッパーはバーガーキングの商品名)」を注文できる。バーガーキングは今年に入ってから、植物由来のパティを使っている競合社のホワイト・キャッスル(White Castle)に続いて、インポッシブル・ワッパーをセントルイスで試験販売したところ、来店客数が18%以上増えたとテッククランチ(TechCrunch )が報じている。バーガーキングが全米への展開を切望しているのは当然だろう。

(関連記事あなたが食べたいのは代替肉?それとも培養肉?次世代「肉」競争の行方

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.08.02, 10:42
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る