KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

米中貿易戦争へ突入、ハイテク製品へ深刻な影響
chuttersnap on Unsplash
The US-China trade war has officially begun, and tech will feel it

米中貿易戦争へ突入、ハイテク製品へ深刻な影響

7月6日、トランプ政権が340億ドル相当の中国製品に対する追加関税を正式に発動した。これに対し、中国は直ちに同程度の報復に出ている。

中国商務省は、米国が「経済史上最大の貿易戦争を仕掛けた」との声明を発表。トランプ政権は、中国は不公平な貿易慣行に携わり、知的財産を盗んでいるとの主張し続けておりさらに5000億ドルの関税を課すと警告している。

制裁関税の多くが航空宇宙や通信機器、ロボット工学といったハイテク製品を標的にしている。これらは、中国政府が自国の将来に必要不可欠と捉えているものだ。関税対象品目には、航空エンジンや部品、顕微鏡、ボールベアリング、トラクター部品、大型車、LEDなどが含まれている。

中国の一部の港では、米国からの輸入品の通関手続きに遅れが見られた 。というのも、港では関税に関する当局からの正式な指示が待たれていたからだ。今後、企業はコストの増分を顧客の負担にするのかどうか、選択しなければならないだろう。

エリン・ウィニック [Erin Winick] 2018.07.09, 9:27
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る