KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

太陽系外から接近中の新たな恒星間天体を初撮影
Gemini Observatory/NSF/AURA
This is our first picture of a second interstellar object as it zips through the solar system

太陽系外から接近中の新たな恒星間天体を初撮影

天文学者チームが、太陽系を通過する2番目の恒星間天体の最初の画像を公開した。これはほぼ間違いなく彗星だ。

彗星の名前は「C/2019 Q4(ボリソフ、Borisov)」。最初にこの天体を発見したアマチュアの天文学者に敬意を表して暫定的に名付けられた。その後の観測によって明らかになったことがいくつかある。まず、長い尾を持っており、これはほぼ間違いなく彗星であることを示している。次に、太陽を焦点とする双曲線軌道を持っており、つまり太陽の周回軌道に乗るには速すぎる速度で移動している。太陽の周りを回るには速すぎるということは、C/2019は太陽系外から飛来した可能性が極めて高い。

ハワイのジェミニ天文台の天文学者チームは、カナリア諸島(スペイン領)のウィリアム・ハーシェル望遠鏡を利用する天文学者チームと協力して、9月10日、視界の良かったほんのわずかな時間帯に、C/2019を多色撮影した。この新たな画像は、C/2019の放出ガス物質でできる長い尾と、かすみがかったコマを示している。これらは彗星である決定的な特徴の2つだ。画像に写り込んでいるぼやけた赤と青の線は、彗星の背景にある星々である。

「恒星間彗星の初の事例であることは間違いありません」と天文学者らは記している。C/2019は、太陽系の外から我々の元へ訪れた、天体観測史上まさに2番目の天体となる(観測史上初の恒星間天体は悪名高くも棒状の姿をした「オウムアムア(‘Oumuamua)」)。

「オウムアムア」の時とは対照的に、C/2019については調査の計画を練り、太陽系内での動きをさらに調べるのに十分な時間がある。C/2019は12月10日頃に最も地球に近づく予定だ。

neel.v.patel [Neel V. Patel] 2019.09.18, 6:41
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る