KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

エアバス開発のAIアシスタント、国際宇宙ステーションでテストへ This spherical robot is an AI assistant for the International Space Station

エアバス開発のAIアシスタント、国際宇宙ステーションでテストへ

宇宙飛行士は、HAL 9000のことは置いといて、浮遊するデジタル・ヘルパーを使ってみるように求められている。

まずは「サイモン(CIMON)」に挨拶しよう。ファースト・ネームで呼び合う仲でないのなら、「Crew Interactive MObile CompanioN(乗務員インタラクティブ・モバイル・コンパニオン)」だ。エアバスが開発しているサイモンの任務は、国際宇宙ステーションの周りを浮遊することだ。2018年6月から10月までの期間、宇宙ステーションでテストされ、アレクサンダー・ガースト宇宙飛行士の作業を支援する。丸っこいスペース・アレクサだと思えばいい。

肝心のスペックを紹介しよう。サイモンはメディシンボールくらい大きさで、重さは約5キログラム。IBMワトソン(Watson)の一種を利用している。ガースト宇宙飛行士の声と外観を認識するように訓練されており、国際宇宙ステーション上で実施するいくつかの実験を支援する。

エアバスは、ゆくゆくは、少人数グループの社会動学(ソーシャル・ダイナミクス)に、AIアシスタントの存在がどのような影響を与えるかを調べるためにサイモンを使用することも考えているという。ただ、ガースト宇宙飛行士には『2001年宇宙の旅』の筋を話さない方がいい。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2018.02.28, 12:47
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る