KADOKAWA Technology Review
×
自動運転のキーパーソンが集結「Future of Society Conference」11/30開催! チケット販売中 「Future of Society Conference」
11/30開催! チケット販売中

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ウーバー、死亡事故を受けて自動運転プロジェクトを見直しへ Uber is right to rethink its self-driving operations

ウーバー、死亡事故を受けて自動運転プロジェクトを見直しへ

伝えられるところによると、ウーバーは自動運転プロジェクトの中心となる街、ピッツバーグで無人自動車のオペレーターを解雇しようとしている。およそ100人を解雇し、より技術的なフィードバックを車両開発者に提供できるように訓練された55人の「ミッション・スペシャリスト」に置き換えるという。

ウーバーが自動運転プロジェクトを見直すのは当然の動きだと言える。今年3月、アリゾナ州テンピでウーバーの車が歩行者の死亡事故を起こした。公的機関の調査報告によれば、車は歩行者を確認したにも関わらず、対処しなかったというからウーバーの過失は免れない。

ウーバーは自動運転プロジェクトを2016年に立ち上げ、ピッツバーグの道路を走行していた。私は初期の頃の車の一台に乗ったことがあるが、悪天候などの問題のいくつかは解決するのが難しいだろう、と専門家らは当時から警告していた。

ウーバーの今回の決断はまた、自動運転技術に長けているドライバーが少ないことも影響している。部分的な自動化から完全な自動化への移行は想像以上に難しい。アリゾナ州で事故を起こしたドライバーは、明らかに注意がそれていた。しかし、研究によると、自動運転中にドライバーが何らかの形で注意力散漫になることは、ほとんど避けられないだろうという。

ウィル ナイト [Will Knight] 2018.07.13, 12:33
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る