KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ウーバーの死亡事故、自動運転車は衝突を知っていた Uber’s self-driving car spotted a pedestrian six seconds before it killed her

ウーバーの死亡事故、自動運転車は衝突を知っていた

今年3月のアリゾナの死亡事故で、ウーバー(Uber)は「不規則な車の動き」を減らすために車両の緊急ブレーキ・システムを無効にしていた。だが、同乗していた人間の運転手(セーフティ・ドライバー)にブレーキを踏むように警告する手段は用意されていなかった。

緊急ブレーキ・システムが作動していたならば、事故の約1.3秒前に反応していただろうと、米国家運輸安全委員会(NTSB)の中間報告はまとめている。1.3秒が事故を防ぐのに十分な時間だったのかどうかは言及されていない。

中間報告は、ウーバーがアリゾナでの試験運転から撤退した翌日に発表された。ウーバーは事故調査の終了後、ピッツバーグやトロント、サンフランシスコで自動運転車の試験を再開する計画だと語った

NTSBの調査結果が最終的にどのようなものになろうとも、この事故は他の自動運転自動車産業に悪影響を及ぼさないかもしれない。ニューヨーク・タイムズの別の調査によると、ウーバーはこの死亡事故の数カ月前から自律型移動手段プログラムに重大な問題を抱えていたという。

jackie.snow [Jackie Snow] 2018.05.25, 10:58
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る