KADOKAWA Technology Review
×
「宇宙ビジネスの時代」を先取りするテクノロジー・カンファレンス 
お得な「早割」販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ボルボが自律トラックサービス展開へ、ノルウェー鉱山で試験操業
Volvo
Volvo is going to use autonomous trucks to haul stone out of a mine in Norway

ボルボが自律トラックサービス展開へ、ノルウェー鉱山で試験操業

ボルボの自律トラックは、間もなくノルウェーのある石灰石鉱山から石灰石を運び出す予定だ。

ボルボの6台の自律トラックは、地元企業であるブロノイ・カルクAS(Brønnøy Kalk AS)が所有する鉱山と、近くの港にある加工施設を結ぶ、トンネルなどのある5キロメートルのルートを通って石灰石を運ぶ。ブロノイ・カルクが購入するのは、トラックそのものではなく、運搬サービスだ。ボルボは全般にわたり自律トラックを監督し、運搬したトン数により料金を受け取る。

サービスは現在テスト中で、2019年末までには完全に稼働する見込みである。テスト中は、人間のセーフティ・ドライバーが運転席に座るが、公式にサービスが開始されればトラックは完全に自動化され、オペレーターが外部から管理することになる。

無人トラックが運用されるのは、これが初めてではない。鉱業事業者のリオ・ティント(Rio Tinto)は、巨大な自律トラックを用いて、西オーストラリア州の自社の鉱山で現在、金属鉱物を運搬している。ボルボも、採掘、サトウキビの収穫、ごみ収集など自律トラックのプロジェクトに関わってきている。

無人乗用車が道路を走るのよりもずっと先に、無人運転トラックを路上で見かけることになりそうだ。トラックは複雑で状況が変化しやすい都市よりも開けた道路を走行することが多いのがその理由の1つだ。また、トラック輸送における自律運転テクノロジーの展開は完全に経済的な意味からもより多くの利益が得られる。人間と違って休息や休憩を取る必要がないからである。


MITテクノロジーレビューは、自動運転による移動手段の変化と都市生活への影響をキーパーソンとともに考えるイベント「Future of Society Conference 2018」を11月30日に開催します。詳しくはこちら
シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2018.11.27, 8:58
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る