KADOKAWA Technology Review
×
雇用ゼロ社会の前触れ?
コマツの無人ダンプで
鉱山運用コスト15%削減
知性を宿す機械 無料会員限定
Mining 24 Hours a Day with Robots

雇用ゼロ社会の前触れ?
コマツの無人ダンプで
鉱山運用コスト15%削減

鉱業事業者は、無人トラックや自動掘削機、無人機関車の本格展開で効率を高めようとしているが、雇用はますます減っていく。 by Tom Simonite2016.12.29

小さな 2階建て住宅程度の大きさのトラックに、ドライバーや他の搭乗者の姿はない。

鉱業事業者のリオ・ティントは、 73台の巨大機械を所有し、オーストラリア北西部の火星風の赤い土地にある4カ所の鉱山で、24時間体制で鉄鉱石を運搬している。「ウエスト・アンジェラス」鉱山では、自動トラックはロボット型岩盤掘削機と肩を並べて稼動している。リオ・ティントは鉱石を数百km先の港まで運ぶ機関車も改良している。改造機関車は自律運行し、荷物の積み下ろしまで自動的化されている。

リオ・ティントの意図は、オーストラリアでの自動運用によって、自社の全鉱山がより効率的に稼働する将来の姿を確かめることだ。その未来とは、人間の鉱山労働者の需要が減った状態でもある。ロボット工学テクノロジーによる機能向上と費用の低減は、鉱業や石油採掘業に、地面から資源を採取する、汚れやすく、危険な事業を考え直す、またとない機会になっている。

BHPビリトン(世界最大の鉱業会社)も、オーストラリア国内のある鉄鉱石鉱山に無人トラックと採掘機を配備している。サンコア(カナダ最大の石油会社)は、アルバータ州(カナダ)のオイルサンド油田で無人トラックの試験を始めた。

カーネギー・メロン大学ロボット工学研究所(ピッツバーグ)のハーマン・ハーマン所長は「過去 2 年間で、当研究所は自動化の高度化についてより多くのことを実現しました」という。ロボット工学研究所は、キャタピラーの自律運搬トラックの開発を支援した。鉱業会社のフォーテスキュー・メタ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る