KADOKAWA Technology Review
×
マガジン刊行記念「Vol.1 AI Issue」を新規購読でプレゼント。
さらに割引も。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

Yamaha
Yamaha’s Robo-motorcyclist Tears Around a Racetrack at 124 MPH

ヤマハのレーサーロボットが時速200kmでレーストラックを快走

実際に疾走している様子を見るのは魅惑的としか言いようがない。上の動画は、ヤマハの標準的なバイクに乗り、バランスを取って操縦するレーサーロボット、その名も「モトボット(Motobot)」を紹介したものだ。モトボットがレーストラックを疾走し、世界チャンピオンであるバレンティーノ・ロッシの記録を破る試みが行なわれている。

IEEEスペクトラムが指摘しているように、モトボットにはウーバー(Uber)やウェイモ(Waymo)の自律自動車のように、新たな環境に対応する手段はない。だが、GPSと慣性計測装置(IMU)を使用して自らの位置を高解像度のマップ中で2.5センチ以内の精度で把握し、その情報を用いてバイクを制御してコースを辿ることができる。しかもこれを直線の最速で時速200キロメートルで行なうのだ。

ただ、残念ながらモトボットの記録はロッシの記録には及ばなかった。モトボットが1周に117.50秒かかったのに対し、ロッシの記録は85.74秒であった。次こそがんばれ! モトボット。

ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe] 2017.10.31, 9:48
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
マガジン刊行記念 15%OFF
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る