KADOKAWA Technology Review
×
CRISPRによる筋ジストロフィー治療、動物実験で「驚くべき」成果
A CRISPR cure for Duchenne muscular dystrophy is closer after a trial in dogs

CRISPRによる筋ジストロフィー治療、動物実験で「驚くべき」成果

筋ジストロフィーに対する遺伝子療法の適用は以前から試みられている。テキサス大学の研究チームは、犬に対してクリスパー(CRISPR)を使った動物実験を実施し、「驚くべき」改善が見られたことを8月20日に開催された学会で報告した。 by Antonio Regalado2018.08.27

筋ジストロフィーにかかった犬に対して、クリスパー(CRISPR)を使ったゲノム編集が実施されている。その結果は「衝撃的」なものだ。

テキサス州の研究チームが最近、あるデータを公開した。そこには、新しい遺伝子編集ツールであるCRISPRにより、デュシェンヌ型筋ジストロフィーの原因となる分子上の欠陥を修復するのに成功した様子が示されている。デュシェンヌ型筋ジストロフィーは男児5000人につき1人の割合で発症する深刻な疾患だ(基本的に男児のみ発症する)。

テキサス大学サウスウェスタン医療センターのエリック・オルソン教授が中心となって実施したこの研究は、CRISPRを使い、私たちにとって身近な大型動物の疾患を治療しようと試みた初の事例の1つとなる。研究チームは、治療によって犬の筋ジストロフィーを止められれば、男児に対する治験の実施準備が整うだろうと述べている。

バイオテク企業はCRISPRを使い、サラセミアなどのヒトの血液疾患や肝疾患を治療したり、遺伝性眼疾患の原因を治したりする準備を進めている。だが、CRISPRの有用性を試す上でもっとも重要な疾患になる可能性があるのが筋ジストロフィーだ。CRISPRによる遺伝子治療にってもたらされる結果も最大のものになるかもしれない。その理由は筋ジストロフィーの発症率が比較的高く、ほぼ確実に死につながり、進行を止める治療法が存在しないためだ。

オルソン教授はかつて、CRISPRによって筋ジストロフィーを「治癒」できるかもしれないと述べていた。

8月20日の週、オルソン教授が率いるテキサス大学の研究チームは、最新の結果の一部を公開し始めた。チームの一員であるレオネラ・アモアシー講師は20日、米国立衛生研究所で開かれた学会で研究報告をした。筋ジストロフィーを発症する遺伝型を持って生まれた子犬に対し、生後1カ月の段階で血液中にCRISPRを注入した実験について説明す …

筋ジストロフィーに対する遺伝子療法の適用は以前から試みられている。テキサス大学の研究チームは、犬に対してクリスパー(CRISPR)を使った動物実験を実施し、「驚くべき」改善が見られたことを8月20日に開催された学会で報告した。
こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る