KADOKAWA Technology Review
×
世界規模でブロックチェーンを実証する「世界銀行」の凄み
Jake Belcher
ビジネス・インパクト 無料会員限定
The World Bank is a verified blockchain booster

世界規模でブロックチェーンを実証する「世界銀行」の凄み

世界の貧困問題の解決のために、世界銀行はブロックチェーンの実証に本気で取り組んでいる。まだ実験段階だが、 努力はまだ実験段階だが、成果は次第に出始めているという。 by Mike Orcutt2018.09.20

ビットコインのブロックチェーンは、人々が銀行や政府を必要とせずに金融取引を行なうための手段として発明された。サトシ・ナカモトの発明の基礎から着想を得た、暗号化された分散型台帳であるブロックチェーンはいくつも存在するが、各国政府によって所有されている世界銀行が世界最大の後援者であるというのは皮肉なことだ。だが、世界銀行テクノロジー・イノベーション・ラボに勤めるプリマ・シリクリシュナに言わせれば、これは道理にかなったことなのだ。シリクリシュナの所属する世界銀行が最近ローンチしたブロックチェーン・ラボの目標は、「人々の手に力をとり戻す」だからである。

ラボの取り組みはまだプロセスの最初期にすぎないが、教育や金融サービスにおける実験や、農業や製薬のサプライチェーンをトレースしようという取り組みは、すでに価値のある成果を生み出している。シリクリシュナは9月13日に開催された、MITテクノロジーレビュー主催のカンファレンス「EmTech(エムテック)」でそう語っ …

世界の貧困問題の解決のために、世界銀行はブロックチェーンの実証に本気で取り組んでいる。まだ実験段階だが、 努力はまだ実験段階だが、成果は次第に出始めているという。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る