ユビキタス

Brain-Training Apps Won’t Make You Smarter ... 脳トレアプリに効果なし
参照研究にも問題あり

スコアの向上はゲームが上手くなっていることの指標でしかない。 by Jamie Condliffe2016.10.05

脳トレアプリは、脳に楽しさや気晴らし以上の訓練効果があり、認識能力を根本から確実に進歩させると宣伝している。しかし、誰もが心の中で疑問に思っていることがある。脳トレは本当に効果があるのだろうか。

ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)によれば、7人の心理学者が2年を費やし、ルモス・ラボポジット・サイエンスといった世界をリードする脳トレアプリの開発元が参照する374の科学的研究について調査した。

結果はどうだったか? 研究者によると、脳トレ系のゲームをすれば、ユーザーは明らかにゲームをプレイするのは上手になる。しかしサイコロジカル・サイエンス・イン・ザ・パブリック・インタレスト誌(PSPI)に掲載された研究によれば「トレーニングによって、関係する作業のパフォーマンスが上がったり、普段の認識能力が改善されたりする証拠はほとんどない」という。

Lumos Labs's game, Lumosity, includes tests designed to measure your attention.

ルモス・ラボのゲーム「ルモシティ」には、プレイヤーの注意力を計測するテストがある

PSPI掲載の調査では、参照先の研究それ自体に問題があり、多くの研究は明確な結論を引き出せないようになっていた。最終的な結論はかなり明確だ。

「脳のトレーニングは現実世界の認識能力を高める効果的なツールだ、という主張を正当化する十分な証拠はいまだに現れていない」

PSPIの研究は他のアカデミックな心理学者に好意的に受け入れられた。アトランティック誌への回答でノースカロライナ大学のマイケル・ケイン教授は研究成果を「偉業」と呼び、オレゴン大学のウルリッヒ・マイア教授は「抜け落ちているものは何もありません(略)証拠は当然です」と述べた。

アプリのメーカーは予想通り、やや弁明的だ。USAトゥデイ誌に対し、ルモス・ラボのエリカ・ホウ(広報担当)は、脳トレーニングのソフトウェアは「何十年にもわたり発展してきた研究を活用していますが(略)新規かつ急速にイノベーションが起きている分野の最先端では(略)弊社がまだ知らないことはたくさんあります」といった。

デイリーニューズ紙の記事でヴァージニア大学のダニエル・ウィリンガム教授(心理学)は、研究成果を一般人向けに手際よくまとめている。「あなたは少し頭の回転が遅くなったと心配する年老いた父親に何と言うべきでしょうか? 活発な精神状態を維持するのは、いつでもいい考えです。もしゲームを楽しむのが好きなら、ゲームをプレイしても害はありません。しかし単純な作業で頭がよくなることは、願望であって現実ではありません」

(関連記事:NPR, The Atlantic, Psychological Science in the Public Interest, “Brain Training May Help Clear Cognitive Fog Caused by Chemotherapy”)

人気の記事ランキング
  1. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  2. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  3. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
  4. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持
この記事をシェアしてください!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
タグ
クレジットImage courtesy of Lumosity
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
「スマートフォンとアプリ」の記事
人気の記事ランキング
  1. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  2. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  3. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
  4. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持