KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2021年度候補者募集のお知らせ
走行距離でメーカーを圧倒、
グーグルの自律自動車は
バーチャルでも最強だった
Waymo
知性を宿す機械 Insider Online限定
Waymo’s cars drive 10 million miles a day in a perilous virtual world

走行距離でメーカーを圧倒、
グーグルの自律自動車は
バーチャルでも最強だった

グーグルの兄弟会社であるウェイモが、公道における自律自動車の走行距離で世界最長となる1000万マイル(1610万キロ)を達成した。現実世界では難しい過酷な環境下での試験を重ねるため、ウェイモの自律自動車はバーチャル環境でも膨大な距離を走り続けている。 by Will Knight2018.10.12

世界でもっとも安全な自律自動車を開発しているのは、アルファベット(グーグル)傘下の自律運転開発会社ウェイモ(Waymo)かもしれない。ウェイモは現在、自律運転車の世界最長走行距離記録を持つ企業だからだ。だが近年、ウーバー(Uber)やテスラ (Tesla)が引き起こした重大事故の影響で、黎明期にある自動運転技術への信頼は崩れつつある。単に公道での走行距離を延ばすだけでは信頼回復には至らないだろう。

だが、10月10日のウェイモの発表は、2009年以降、1610万キロ以上の走行距離を達成したことだけでは終わらなかった。さらに毎日、実際の道路での走行距離と同じ距離を、現実世界を模した広範なバーチャル世界の中で走行していることも発表したのだ。これは2万5000台の車が毎日24時間走行する距離に匹敵し、ウェイモはすでに合計97億キロ以上を実質的に走行していることになる。

安全性を実証する取り組みの中で、この仮想試験走行コースは、非常に重要な存在だとウェイモのドミトリ・ドルゴフ最高技術責任者(CTO)は語っている。バーチャル走行のおかげで、エンジニアは、実際の道路では見られなかった状況を含む、さまざまな新しいシナリオの下で、最新のソフトウェア・アップデートを試験できる。また、猛スピードで無謀運転する他車といった、実際に設定するには危険すぎるシナリオも試験できる。

「人が車から飛び降り、交通規則を無視して道路を横断するというシナリオをテストしているとします。どこかの時点で、このシナリオを現実世界でテストすることは危険になりますよね。そのときに大活躍するのが、このシミュレーターなのです」(ドルゴフCTO)。

人間のドライバーとは …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
10 Breakthrough Technologies 2021

新型コロナで注目されるmRNAワクチンから、史上最も優れたAI言語モデル、電気自動車の普及を担うリチウム金属電池まで。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界を変える10大テクノロジー。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3/Spring 2021Innovation Issue

AI/ロボット工学、コンピューター/電子機器、輸送、ソフトウェア、インターネット分野で活躍する13人の日本発のイノベーターを紹介。併せて、グローバルで活躍する35人のイノベーターの紹介と、注目のイノベーション分野の動向解説も掲載しました。
日本と世界のイノベーションの最新情報がまとめて読める1冊です。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る