KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
A Huge Carbon Capture Scheme Provides New Hope for “Clean Coal”

二酸化炭素を9割回収
夢の石炭火力発電所の問題点

排出する二酸化炭素の約90%を回収する石炭火力発電所が来年稼働する。予算内、スケジュールどおりに。 by Jamie Condliffe2016.10.06

テキサス州のW.A.パリッシュ発電所は年末に再稼働すると世界一の規模の石炭火力発電所になる。この発電所では改良された炭素捕捉システムが採用されている。しかし、この計画で注目すべき点は別にある。スケジュール通り、しかも予算内で再稼働するのだ。

サイエンティフィックアメリカン誌に掲載されているレポートのとおり、W.A.パリッシュ発電所で新規に導入するシステムは、燃焼時に発生する二酸化炭素の90%を取り込める。開発関係者によると、始動当初から無駄のない設計の採用と厳しい計画基準のおかげでプロジェクトは計画取りに進んだ。

化石燃料を燃やす発電所で、発電しながらCOP21 パリ協定で取り決められた排出基準を満たすには、W.A.パリッシュ発電所が採用しているような二酸化炭素隔離をするしか方法がない。

Construction under way at the W.A. Parish power plant in Texas last year.
テキサス州のW.A.パリッシュ発電所の建設は昨年始まった

しかし、他の「クリーン・コール型」(二酸化炭素を排出しない、きれいな石炭火力発電所のこと)発電所の建設プロジェクトは、どれもが採算性に苦しんでいる。特に顕著なミシシッピ州のケンパープロジェクトでは、計画当初の予算24億ドルに対して、現時点の試算で最終的には70億ドル以上に達するとみられている。最近破産を申請したピーボディー・エナジーはクリーン・コール研究開発に数億ドルを費やした。

ケンパーとW.A.パリッシュ発電所を直接比較するのは不公平だ。ケンパーは将来新設される化石燃料発電所の雛形となる、今までとは全く異る新型発電所だ。一方で、W.A.パリッシュ発電所はすでに存在しているインフラに既知のテクノロジーをして追加しているだけ。それでも、W.A.パリッシュのプロジェクトでコストが抑えられることは「クリーン・コール」の将来に希望を与えてくれる。

ただし、誤解してはいけない。予算内といっても、安いわけではないのだ。米国と日本両国のエネルギー企業と銀行、さらに米国エネルギー省で構成されるコンソーシアムはこの計画に合計10億ドルを投じた。コストは取り込んだ二酸化炭素を使って回収される予定だ。二酸化炭素を使って、約132km離れたジャクソン郡の油田の底に溜まった、通常では抽出しにくい石油を採掘するのだ。

残念ながら、採掘された石油が炭素捕捉手法では燃焼されないだろう。

(関連記事:Scientific American, “A Mississippi Power Plant Highlights All That’s Wrong with ‘Clean Coal,’” “Peabody Energy’s Bankruptcy Shows the Limits of ‘Clean Coal’”)

人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  3. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  4. Can grid storage batteries save Japan’s power supply crisis? 送電網向け蓄電池は「需給ひっ迫」の危機を救えるか?
  5. What we can do with GPT-3 to enhance our creativity? GPT-3が新社名を発案、「AIと働く」を実践してみた
タグ
クレジット Image courtesy of the U.S. Department of Energy
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  3. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  4. Can grid storage batteries save Japan’s power supply crisis? 送電網向け蓄電池は「需給ひっ迫」の危機を救えるか?
  5. What we can do with GPT-3 to enhance our creativity? GPT-3が新社名を発案、「AIと働く」を実践してみた
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る