KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
ファナックがNVIDIAと提携 産業用ロボットに強化学習
カバーストーリー 無料会員限定
Japanese Robotics Giant Gives Its Arms Some Brains

ファナックがNVIDIAと提携 産業用ロボットに強化学習

工場向けのロボットアームを製造していたファナックが、仕事を学習するロボットを作ろうとしている。 by Will Knight2016.10.10

研究機関による機械学習技術の成果が素早く利用できるようになったおかげで、工場にあるプログラムどおりにしか動作しない平凡な大型産業用ロボットが、近いうちに少し賢くなるかもしれない。世界最大の産業用ロボットメーカー、ファナックは、自社製品に学習能力を追加するため、人工知能を専門とするシリコンバレーの半導体チップメーカー、エヌビディアと提携すると発表した。

最近の人工知能(AI)の進歩がどう製造業を揺るがしているかがわかる意味で、この提携は重要だ。現在の産業用ボットは一般的に、ひとつの仕事を正確にきちんとこなすためにプログラムされている。しかし生産工程が変わるたびにロボットをイチからプログラムし直すのは時間がかかり、技術的な専門知識も必要だ。

機械学習により、訓練によって何かをする方法を学べば、ロボットを自律的に再プログラムできる。機械学習で注目される「強化学習」を使えば、ロボットアームの動作を学習させ、間違いなく部品を拾い上げるなど、ロボットが仕事を完璧にこなせるようになるまで、巨大ニューラルネットワークや深層学習で訓練できる。また多くのロボットを協力して働かせ、学習内容を共有することでも学習効率が高まる。ロボットのプログラムは以前よりは簡単になったが、ロボット自体の学習能力はそれほど向上していない。

エヌビディア製のGPUは高速な並列処理が可能で、深層学習 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Inside the US government’s brilliantly boring websites 米政府系サイトの常識を変えた「デザインシステム」革命
  4. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  5. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る