KADOKAWA Technology Review
×
悪用厳禁、スマホとWi-Fiで壁越しの動きを透視する新手法
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Using Wi-Fi to “see” behind closed doors is easier than anyone thought

悪用厳禁、スマホとWi-Fiで壁越しの動きを透視する新手法

Wi-Fi電波の電磁場の歪みを計測することで、建物や部屋の壁の向こう側にいる人間の動きをスマホ1台で判別する手法をカリフォルニア大学の研究者が開発した。Wi-Fi送信機がいたるところに設置されている現在、私たちのプライバシーは重大なリスクに晒されている。 by Emerging Technology from the arXiv2019.01.31

世の中はWi-Fiの電波であふれている。自宅、職場、さらには公道でも、人間の周囲では常に2.4ギガヘルツおよび5ギガヘルツの電波信号が飛び交っている。そして、人が動くと電磁場が歪められ、電波が反射したり屈折したりする。

この現象によって、さまざまな研究者グループが面白いアイデアを考え出してきた。理論上、この電磁場の変化を利用して、人の位置や振る舞い、動きを判別できるはずだという。実際、いくつかの研究者グループは、Wi-Fiを使って壁の向こうの様子を「見る」映像システムを作成した。

しかし、こうしたシステムはいずれも欠点がある。たとえば、関与する Wi-Fi送信機の正確な位置を把握していなければならず、既知の信号を送受信できるようにネットワークにログインしている必要がある。

こうしたことは、スマホに組み込まれているような既製のWi-Fi検出機能しか使えない場合には不可能だ。この種の検出機能は初歩的すぎて、Wi-Fiネットワーク自体の存在が分かるだけで、ドアの向こうで起こっていることを詳細に知ることはできない。

少なくとも、誰もがそう思っていた。だがいま、その認識はカリフォルニア大学サンタバーバラ校のイェンツー・チュー助手らの研究によって変わった。チュー助手らは周囲のWi-Fi信号と普通のスマホを使って、壁の向こうを見透かす方法を見い出した。

この新技術によって、前例のないプライバシーの侵害が可能になる。「スマホを使っている悪意のある人物が、周囲のWi-Fi通信の反射を利用して、壁の向こう側から自宅やオフィスにいる個人の位置を突き止め、追跡できます」。

まず、背景情報を説明しよう。もし人間がWi-Fiの電波と同じように世界を見ることができたら、見える景色は奇妙なものだろう。ドアや壁はほぼ透明で、ほとんどの家やオフィスがWi-Fi送信機の明かりで内側から光っている。

しかし、多くのものが透明であるにもかかわらず、世界は理解しがたいものに見えるだろう。なぜなら、壁、ドア、家具など、すべてのものがこの …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る