KADOKAWA Technology Review
×
遺伝子編集ベビー誕生:「即時停止を」CRISPR共同開発者が声明
生命の再定義 CRISPR inventor Feng Zhang calls for moratorium on gene-edited babies

遺伝子編集ベビー誕生:「即時停止を」CRISPR共同開発者が声明

遺伝子編集技術、クリスパー(CRISPR)の共同開発者の一人であるフェン・チャン教授は、中国の研究者が遺伝子を組み換えた女の子を誕生させたとの発表を受けて、CRISPRで遺伝子編集した赤ちゃんを誕生させることを当分の間は全世界で停止すべきだと声明を出した。同教授は、実験の危険性に加えて、実験が秘密裏になされたことを深く憂慮していると述べている。 by Antonio Regalado2018.11.28

遺伝子編集技術「クリスパー(CRISPR)」の共同開発者の一人であるフェン・チャン教授は、CRISPRを用いて遺伝子編集した赤ちゃんを誕生させることを全世界的に停止すべきだと呼びかけている。

マサチューセッツ州ケンブリッジにあるブロード研究所(マサチューセッツ工科大学とハーバード大学の共同組織)のメンバーであるチャン教授の呼びかけは、中国の研究チームが、エイズウィルス(HIV)に抵抗力を持つように遺伝子を組み換えた双子の女の子を誕生させたと発表した翌日になされた。

「CRISPR技術の現状を考えると、遺伝子編集したヒト胚細胞を子宮に着床させるのは当分の間停止した方がよいでしょう」と、チャン教授は述べる。チャン教授教授の見解は、中国で広く影響力を持つことになりそうだ。

中国の実験では研究チームは、ヒト胚細胞を編集してCCR5と呼ばれる遺伝子を取り除いた。それによって子どもたちがHIVに抵抗力を持つようになるという。しかし、研究は秘密裏に実施され、医療専門家は安全性や必要性を疑問視している。

実験の危険性の方が利益にまさっており、中国のプロジェクトが密かに実施されたことを「深く憂慮しています」とチャン教授は述べた。

以 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
いまだけ【5,000円引き】クーポン配布中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
いまだけ【5,000円引き】クーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る