KADOKAWA Technology Review
×
遺伝子工学で作った「光合成強化タバコ」、1.4倍に成長
RIPE
生命の再定義 無料会員限定
Gene engineers make super-sized plants that are 40% larger

遺伝子工学で作った「光合成強化タバコ」、1.4倍に成長

イリノイ大学と米国農務省(USDA)との研究チームは、遺伝子工学の手法を使うことで、通常より40%大きくなるタバコの木を作り出した。同様の手法を芋類や豆類にも適用できれば、世界の食物供給量を増大させることが可能になる。 by Antonio Regalado2019.01.10

イリノイ州の遺伝子エンジニアのグループが、通常より40%ほど大きくなるタバコの木を作り出した。同様の遺伝子改変を大豆や芋類にも適用できれば、食糧の供給量を増大できそうだ。ただし、そうした植物を畑で見られるようになるのは、当分先のことになりそうだが。

イリノイ大学と米国農務省(USDA)との研究チームは、いわゆる「光呼吸バイパス」と呼ばれる遺伝子改変のカセットをタバコの木に組み込んだ。この遺伝子改変を受けた植物は、日光をより効率的にエネルギーに変換できるようになり、通常の植物よりも高さや重量が大きくなる。

ノースカロライナ州立大学の植物学者であるヘイケ・セデロフ教授は、関連する研究をこれまで研究室で実施してきている。セデロフ教授はサイエンス誌に掲載された今回の新たな報告について、この手のフィールド実験からこうした大きな成 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る