KADOKAWA Technology Review
×
インテルが新AIチップ発表
フェイスブックとの協業で
エヌビディアに対抗
Intel
知性を宿す機械 無料会員限定
Cheaper AI for everyone is the promise with Intel and Facebook’s new chip

インテルが新AIチップ発表
フェイスブックとの協業で
エヌビディアに対抗

インテルはCES 2019で、フェイスブックと共同で開発した新しい人工知能(AI)チップを発表した。「競合他社よりも高速」だという新チップで、AI分野で先行するエヌビディアを追う。 by Will Knight2019.01.10

インテルとフェイスブックは、大企業がより低いコストで人工知能(AI)を利用できるようになるチップを共同で開発している。

このチップは、あらかじめ訓練を済ませた機械学習アルゴリズムを、より効率的に実行するためのものだ。つまり、AIの活用に必要なハードウェアと消費電力が従来より少なくて済むことになる。

インテルは、2019年1月8日からラスベガスで開催中のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES 2019)の会場で、新しいAIチップと、フェイスブックとの協業を発表した。今回の発表は、AIの開発と展開に企業がしのぎを削る中、ソフトウェアとハードウェアがいかに密接に絡み合ってきているかを示している。

この新しい「推論」AIチップによって、フェイスブックをはじめとする企業は、機械学習をより効率的かつ低コストで展開できるようになる。ファイスブックは、画像内の人々のタグ付け、投稿内容の翻訳、問題のあるコンテンツの検出など、多岐にわたる作業にAIを利用している。これらのタスクを汎用的なハードウェアで実行するには、かなりの時間と消費電力が必要だ。

インテルは2019年後半には、新AIチップを他社向けにも販売する予定だ。インテルは現在、AIハードウェアの市場最大手であるエヌビディア(Nvidia)に大きく後れを取っており、多数のチップ製造スタートアップ企業との競合にも直面している。

インテルAI製品グループのナビーン・ラオ副社長は発表に先立ち、新しいAIチップが競合他社のどの製品よりも高速だと語った。ただし、具体的な実行性能の数値は示していない。

フェイスブックはインテルと協力してきたことを認めたものの、協業内容の詳細や同社の役割についてはコメ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る