KADOKAWA Technology Review
×
「宇宙ビジネスの時代」を先取りするテクノロジー・カンファレンス 
お得な「早割」販売中。
量子コンピューターのリアル
不足する専用部品に商機あり
University of California, Berkeley/Keegan Houser
知性を宿す機械 Insider Online限定
We’d have more quantum computers if it weren’t so hard to find the damn cables

量子コンピューターのリアル
不足する専用部品に商機あり

量子コンピューターはコンピューティングの進歩に次なる大きな飛躍をもたらすと期待されている。その一方で、研究者たちは製造に必要な一部の希少な部品を手に入れるのに苦労しており、部品調達の困難さが量子コンピューターの進歩の足かせとなっている可能性がある。 by Martin Giles2019.01.25

ブレイク・ジョンソンは、超伝導ケーブルや超低温冷却装置について考えることに多くの時間を費やしている。量子コンピューター製造のスタートアップであるリゲッティ・コンピューティング(Rigetti Computing)の量子エンジニアリング担当副社長を務めるジョンソンは、機械の組み立てに必要な部品の発見や調達の責任者なのだ。

ジョンソン副社長の仕事は困難になってきている。なぜなら、かつては難解で実験的だった量子コンピューターのテクノロジーが、リゲッティやイオンQ(IonQ)といった野心的なスタートアップに加えて、IBMやグーグル、中国のアリババをはじめとする大企業が推進する主流分野へと変貌を遂げつつあるからだ。その結果、重要な部品に対する需要が、供給を大きく上回る速さで増大している。

たとえば、量子コンピューターの処理能力の重要な鍵を握る量子ビット(キュービット)の生成に有効で、外宇宙よりも低い温度を作り出せる希釈冷却器を入手するには、数カ月、あるいは1年以上かかる。ジョンソン副社長によると、もう1つのネックはキュービットを制御するマイクロ波信号を伝えるのに必要な特別製ケーブルだという。

一部の部品の調達に長い時間を要することが、この分野の進歩を妨げている。「このことによって、量子コンピューターの研究に並行して取り組んでいるチームの進捗が遅れています」と、カリフォルニア大学バークレー校のアーファン・シディキー教授は話す。

珍しいテクノロジー

こうした問題を引き起こしている大きな理由の1つは、量子コンピューターには従来のコンピューター用に開発されたインフラの大半が使えないことにある。「量子コンピューターは新奇な原理に基づいています。それはつまり非常に珍しいハードウェアを使用することを意味します」と、メリーランド大学教授でもある、イオンQのクリス・モンローCEO(最高経営責任者) …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る