KADOKAWA Technology Review
×
火星探査車の加速度計を重力計に転用、「工夫」が生んだ新発見
コネクティビティ 無料会員限定
Hacking a Mars rover’s tools has unearthed new insights into the planet

火星探査車の加速度計を重力計に転用、「工夫」が生んだ新発見

2012年に火星に着陸したキュリオシティ探査機は、元々搭載しているツールをハックして別の用途に使えるようにすることで、いまでも新しい発見を続けている。熱い議論が戦わせられている特殊な地形の形成について、謎を解明する手がかりとなるデータを得ることができた。 by Erin Winick2019.02.07

キュリオシティ(Curiosity)探査車は2012年に火星に着陸した。この探査車はそれ以来、火星の岩石中の有機炭素や大気中のメタンなどを発見したが、それらの測定にはずっと同じツールを使用してきた。遠く離れた別の惑星では、ツールセットを刷新するのも簡単ではないのだ。

このほど、キュオリシティの既存ツールをハックして新たな種類のデータを得られるようにすることで、火星に関する新たな発見があった。2月1日付けの『サイエンス(Science)』に掲載されているように、センサーの1つをうまく作り変えることで、火星のゲール(Gale)クレーターやマウントシャープ(Mount Sharp)の形成に関する新たな手掛かりが得られたのだ。

ゲールクレーターとマウントシャープの形成については熱い論争が繰り広げられてきた。山頂 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る