KADOKAWA Technology Review
×
【10月31日まで】日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
Iconary
知性を宿す機械 Insider Online限定
An AI is playing Pictionary to figure out how the world works

AIを人間っぽく鍛えるなら
囲碁よりも「お絵描き」が
向いている

どんなに強いチェスや囲碁の人工知能(AI)プログラムであっても、対象とするゲーム以外ではからっきしなのは、AIに常識的判断をする能力が欠けているせいだ。アレン人工知能研究所の研究チームは、与えられたお題をすばやく絵に描き、推理するゲーム「ピクショナリー」がAIに常識的判断を教える手段になると考えている。 by Will Knight2019.02.14

ピクショナリー(Pictionary)は、ディナーの後の他愛ないゲームに過ぎないかもしれない。しかし、このゲームが、人工知能(AI)プログラムに、世界をより深く理解させるのに使える可能性がある。

本当に便利なチャットボットや音声アシスタントを開発する上で大きな障害の1つとなっているのが、AIには常識的判断が欠如しているという問題だ。AIプログラムは、チェスや囲碁、最近ではスタークラフト(StarCraft)といったさまざまなゲームで人間の最強プレーヤーを打ち負かすようになった。しかし、そうしたゲームをマスターしても、AIが学べることはごく限られている。 たとえば、コンピューターがチェスのやり方を学んでも、数独を解くのにはまったく役立たない。

アレン人工知能研究所(AI2)の研究者グループは、ピクショナリーによって、マシン・インテリジェンスが現在の限界を超えられる可能性があると考えている。それを実証するために、人間のプレーヤーがAIプログラムとペアを組んで競う、ピクショナリーのオンライン版を考案した。

ピクショナリーをしたことのない人のために説明しておこう。ピクショナリーは、カードに書かれたお題をすばやく絵に描いて、自分のチームメートに当ててもらうゲームだ。このゲームでは絵を描く技術だけでなく、単純な概念を使って複雑な意味を伝える能 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る