KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!
「アパッチ」の開発者はブロックチェーンで公正な社会を実現できるか?
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Web Pioneer Tries to Incubate a Second Digital Revolution

「アパッチ」の開発者はブロックチェーンで公正な社会を実現できるか?

20年前、ブライアン・ベーレンドルフはWebの立ち上げに関わった。現在、ベーレンドルフはビットコインを支えるテクノロジー「ブロックチェーン」で、世界をより公正にしようとしている。 by Tom Simonite2016.11.02

適切なソフトウェアがあれば社会はもっとよくなる。なんていうことを経験豊富な技術者が主張するのは青臭い、とブライアン・ベーレンドルフは知っている。それでもベーレンドルフはそう信じているのだ。

「テクノロジーを信奉する人なら誰にも、世界がどれだけ壊れた状態であるか、やり場のない感情があるのです。官僚制度の堕落や効率の悪さは、ある意味、テクノロジーの問題です。この問題を直せないのでしょうか?」と問いかける。

今夏、ベーレンドルフは明らかに人間に由来する問題を解決するテクノロジーが現れたことに賭けることにした。創業期のフェイスブックに投資した億万長者ピーター・ティールのためにベンチャーキャピタリストとして働く安楽な仕事を捨て、ベーレンドルフは現在サンフランシスコにあるブロックチェーンのオープンソース開発を支援する非営利団体「ハイパーレッジャー・プロジェクト」を率いている。ブロックチェーンとは、取引の検証と記録を通してデジタル通貨「ビットコイン」を支える、ある種のデータベースのことだ。

多くの政府機関や大企業がブロックチェーンの使い道を模索してきたのは、デジタル通貨を使いたいからではない(ビットコインは普及しそうにない)。通貨以外のデータを扱えるのではないか、と考えたからだ。ブロックチェーンは金融取引と同様に、幅広い範囲の物事を取引として扱えるのではないか。デジタル医療記録や製造業のサプライチェーンの効率を高め、強力な証拠能力などが備わるのではないか、と考えられているのだ。

ブロックチェーンは取引データを長期間記録できるデジタル出納簿だ。しかし、ブロックチェーン上の記録は暗号化されており、事実上削除(改ざん)不可能にできる。特定のグループや企業、共同で働く個人が操作できるように設計できる一方で、どの当事者もシステムやそのデータを制御できないようにできる。

この性質によって、企業が協力して活動しやすくなると考えられている。各社が自社専用の内部システムに鍵をかけ、データをしまっておく代わりに、各社のデータを安全な方法で共有の中立システムに預ければよい(会計簿は不要になる)という主張まである。金融機関による最近の調査では、次世代ブロックチェーンに関わる最初の有力業界は、ブロックチェーン構想に今年10億ドルを投じるだろうという。

ハイパーレッジャーはブロックチェーンの動作に必要なソフトウェアの開発を加速するための組織であり、IBMやJ.P.モルガン、エアバス等、約100社が支援している。ベーレンドルフは、ブロックチェーンには大企業の商業活動にとどまらない付加的な長所があるという。ベーレンドルフはテクノロジーで政府や公共インフラを改善しようとしたが、遅々として進まなかった経験があり、当時を思い返し、ブロックチェーンがあれば、そうはなら …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る