KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
ドローンはアフリカ社会を変えるのか?米専門家に聞く
Kate Warren
知性を宿す機械 Insider Online限定
Why drones often aren’t the solution to developing-world problems

ドローンはアフリカ社会を変えるのか?米専門家に聞く

ドローンはアフリカの発展に「変革をもたらす」技術だと期待され、ドローンを用いたプロジェクトがアフリカ大陸のいたるところで実施されている。しかし実際のところ、課題解決にどの程度役に立っているのだろうか。アフリカのドローン導入事例を調査しているジョージタウン大学のキャサリン・チャンドラー助教授に話を聞いた。 by Konstantin Kakaes2019.03.13

新たなテクノロジーは、決して無為に生み出されるわけではない。それらは社会的、経済的、政治的なコンテキストの中で生まれ、今度は自らを生み出した環境に影響を与える。ジョージタウン大学の文化・政治課程で教鞭をとるキャサリン・チャンドラー助教授は、テクノロジーと社会の相互変化を扱う研究の一環として、アフリカのドローン導入事例を調査している。この調査プロジェクトについて、チャンドラー助教授に話を聞いた。

——アフリカでは現在、ドローンはどのように使用されているのですか?

ドローンを用いた小規模なプロジェクトは、アフリカ大陸のいたるところで多数実施されています。野生動物の生息数の集計からワクチンの配達、島々の地図の作成、 災害対策テクノロジーとしての利用まで、内容はさまざまです。私が興味を持っているプロジェクトの1つが、ザンジバル大学が主導するイニシアチブです。 このプロジェクトチームは飛行時間が30~40分しかない小型の商用ドローンを使用しています。このため、ザンジバルの地図を作成するのに2年以上もかかりました。

プロジェクトの目的は、学生が土地計画や天然資源の管理に役立つ地図を作成することで、ハリケーンや石油の流出事故などの災害が起こったときに島々がどうなるかを大まかに把握できるようにすることでした。 このプロジェクトはもともと、長年続いている土地争いの解決を意図したものではありませんでした。しかし、地図が土地を巡る争いにどんな影響を与えるかを把握することが、ザンジバルの地図作成とその情報公開における課題の1つとなっています。

——ドローンで集めたデータを使って、どのように土地争いを解決できるのですか?

どうするのかはよく分かっていませんし、実際に解決するのか …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る