KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
それでも世界が二酸化炭素排出量を減らせない2つの理由
AP
持続可能エネルギー 無料会員限定
The two key reasons the world can’t reverse climate emissions

それでも世界が二酸化炭素排出量を減らせない2つの理由

風力や太陽光とによる発電量が増加しているにもかかわらず、世界の二酸化炭素排出量は増加し続けている。理由の1つは世界経済の成長によるエネルギー需要の増加だが、もう1つは世界的な脱原発の動きと原子炉の寿命や運用停止によって原子力発電の供給が減っていることだ。 by James Temple2019.04.09

3月に国際エネルギー機関(IEA)が発表した新たな統計によると、2018年の世界のエネルギー需要とそれに関連する二酸化炭素排出量は、いずれも再び増加した。

驚くことはない。IEAによるこの新たな分析は、他の機関による予備報告とも一致している。しかしこの分析は、ある厄介な疑問を提起している。それは、再生可能エネルギーの供給量が増加し、太陽光発電や風力発電、電池の価格が下がっているのであれば、なぜ世界の大気汚染が依然として悪化し続けているのかという問題だ。

第一の答えは世界経済の成長だ。IEAによると、世界経済の昨年の成長によって、エネルギー需要が2.3%押し上げられた。他の要因として、寒波や酷暑などの異常気象に見舞われた地域で、追加の冷暖房のため、より多くのエネルギーが必要になったことがある。こうした異常気象の少なくとも一部は、人間が引き起こした気候変動がもたらしたものだ。こういった要因すべてにより、石炭と天然ガスからの発電量が増加した。両方とも、地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出するのだ。

つまりは、そうした化石燃料の増加が、2018年にいずれも2桁の上昇を見せた太陽光発電と風力発電の急成長を上回ったのだ。IEAの分析によると、原子力発電も3.3%という、ほどほどの上昇を記録した。この上昇の原因としては主に、中国における新タービンの始動と、日本での原子炉4基の再稼働が挙げられる。

しかし、報告書の統計を深く見ていくと、私たちが二酸化炭素排出量を減らすことを …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る