KADOKAWA Technology Review
×
マガジン刊行記念「Vol.1 AI Issue」を新規購読でプレゼント。
さらに割引も。
Florida Vote Spells Uncertain Fate for Genetically Engineered Mosquitoes

フロリダ州住民投票、遺伝子組み換え蚊の放出で賛否分かれる

ジカ・ウイルスの蔓延を抑える米国内の試験に延期の可能性 by Emily Mullin2016.11.10

米国で、ジカ熱やデング熱等の病気の感染を防ぐために遺伝子組み換え蚊を放つ試験は、フロリダ州の郡単位の投票で意見が割れ、失速しそうだ。

試験場所の島の街キー・ヘイブンでは、11月8日、住民投票で投票者の65%が試験承認を目指す法案を否認し、一方でキー・ヘイブンが属するモンロー郡では58%の住民が試験を支持した

米国食品医薬品局(FDA)による認可を8月に受けた後、オクシテック(英国)はジカ熱やデング熱、チクングニア熱等のウイルスを媒介する蚊(ネッタイシマカ)の数を激減させるのに有効かどうかを研究するために、遺伝子組み換え蚊をモンロー郡で放つ計画を進めてきた。しかし地元で起きたテクノロジーに対する反対により、次の地方選挙で有権者の意思が明らかになるまで、フロリダキーズ蚊抑制地区委員会は試験の実行を延期することになる。

オキシテックの遺伝子組み換えネッタイシマカ

住民投票に法的拘束力はなく、地区委員会が11月19日の次回会合で試験開始を決めることもありうる。オキシテックのヘイデン・パリーCEOは、試験開始はあり得ると考えている。

「短期間でジカ熱から身を守れるテクノロジーを実現するために、予定通りキー・ヘイブンでの試験を開始したいです」とパリーCEOは11月9日の朝に語った。

パリーCEOは試験場所は限定されており、キー・ヘイブン以外に試験場所を移す場合には、オキシテックはFDAとの手続きをやり直さなければならないという。その場合、試験開始はさらに数カ月遅れる。FDAは8月の声明で、遺伝子組み換え蚊を放つことで、環境に重大な影響は出ないと断定した。

オキシテックの蚊は全てオスで、いわゆる「自己限定的な遺伝子」を持つように操作されている。蚊が自然に放たれてメスと交配すると子孫に遺伝子を残すが、子孫は成虫になる前に死ぬため、地域の蚊の数を激減させる。

オキシテックは今のところ、ケイマン諸島(ブラジル)やパナマをはじめ、5カ所で野外試験中で、遺伝子組み換え蚊が放たれた全ての場所で、蚊の数は90%減少したことが証明されている。フロリダキーズ蚊抑制地区は、2万5000人の住民のために、殺虫剤の散布活動等のネッタイシマカの抑制活動(この方法で地域の蚊の数を30〜50%減らせる)だけで毎年110万ドルを費やしている。フロリダ州でオキシテックの活動を率いるデリック・ニモは、オキシテックの手法にかかる値段も同じぐらいだろうという。

11月2日時点で、米国で報告された139件のジカ熱の国内感染は、全てフロリダ州で起きている。

オキシテックのテクノロジーは、米国等で蚊が媒介する病気の感染が突然広がるのを制御するために研究されてきたいくつかの手法のうちのひとつだ。非営利団体「デング熱撲滅」やグーグルも、斬新な蚊の抑制手法を開発している

人気の記事ランキング
  1. A college kid’s fake, AI-generated blog fooled tens of thousands. This is how he made it. 大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
  2. What has AI changed? 松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
  3. IBM has built a new drug-making lab entirely in the cloud 化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
  4. It’s too late to stop QAnon with fact checks and account bans SNSで存在感増す陰謀論、 「Qアノン」とは何か?
タグ
クレジット Photograph by Miguel Schincariol | Getty
エミリー マリン [Emily Mullin]米国版
MIT Technology Reviewの医学生物学副担当編集者(ワシントンD.C.駐在)です。取材したいのは、医学生物学と医療分野のイノベーションが、私たちの健康や日常生活をどう変化させるかです(いくらかかるのかも)。他に興味があるのは、こうした進歩のうち、世界の健康面の平等にどれがどのくらい影響を与えるかです。以前はフォーブス誌で契約ライターをしていた他、FierceBiotechで編集者のアシスタントをしていました。何かあればメールで連絡してください。
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
人気の記事ランキング
  1. A college kid’s fake, AI-generated blog fooled tens of thousands. This is how he made it. 大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
  2. What has AI changed? 松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
  3. IBM has built a new drug-making lab entirely in the cloud 化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
  4. It’s too late to stop QAnon with fact checks and account bans SNSで存在感増す陰謀論、 「Qアノン」とは何か?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る