エミリー マリン[ Emily Mullin ]

MIT Technology Reviewの医学生物学副担当編集者(ワシントンD.C.駐在)です。取材したいのは、医学生物学と医療分野のイノベーションが、私たちの健康や日常生活をどう変化させるかです(いくらかかるのかも)。他に興味があるのは、こうした進歩のうち、世界の健康面の平等にどれがどのくらい影響を与えるかです。以前はフォーブス誌で契約ライターをしていた他、FierceBiotechで編集者のアシスタントをしていました。何かあればメールで連絡してください。
  1. 2018.06.07
  2. 2018.06.05 鎌状赤血球症のCRISPR療法、FDAが治験に「待った」
  3. 2018.05.31 子宮内の胎児に幹細胞注入、遺伝性血液疾患を出産前に治療
  4. 2018.05.24 大流行のDNA検査サービス、企業が本当に売りたいものはこれだ
  5. 2018.05.17 コンゴでエボラ熱流行の兆し、未認可ワクチン投与へ
  6. 2018.05.15 より高精度な遺伝子編集「CRISPR 2.0」スタートアップが設立