エミリー マリン[ Emily Mullin ]

MIT Technology Reviewの医学生物学副担当編集者(ワシントンD.C.駐在)です。取材したいのは、医学生物学と医療分野のイノベーションが、私たちの健康や日常生活をどう変化させるかです(いくらかかるのかも)。他に興味があるのは、こうした進歩のうち、世界の健康面の平等にどれがどのくらい影響を与えるかです。以前はフォーブス誌で契約ライターをしていた他、FierceBiotechで編集者のアシスタントをしていました。何かあればメールで連絡してください。
  1. 2017.10.13 RNAを標的とするより安全なCRISPR療法で難病を治療へ
  2. 2017.10.11 カジュアル化する遺伝子検査
    どこまで規制されるべきか?
  3. 2017.10.05 ジェルや飲み薬も登場、CRISPRを体内に届ける5つの方法
  4. 2017.10.02 画期的な登場から10年、
    HPVワクチンの接種率は
    なぜ上がらないのか
  5. 2017.09.26 遺伝子療法1回50万ドルは高い?生涯医療費と比較してみた