エミリー マリン[ Emily Mullin ]

MIT Technology Reviewの医学生物学副担当編集者(ワシントンD.C.駐在)です。取材したいのは、医学生物学と医療分野のイノベーションが、私たちの健康や日常生活をどう変化させるかです(いくらかかるのかも)。他に興味があるのは、こうした進歩のうち、世界の健康面の平等にどれがどのくらい影響を与えるかです。以前はフォーブス誌で契約ライターをしていた他、FierceBiotechで編集者のアシスタントをしていました。何かあればメールで連絡してください。
  1. 2017.03.22 子どもの希少疾患を治すため
    患者の親は研究資金を集めた
  2. 2017.03.20 法規制が後手に回る5つの最新バイオテクノロジー
  3. 2017.03.10 デザイナー染色体で人工酵母菌、ヒトへの応用も検討中
  4. 2017.03.06 ゲイツ財団
    即効性のある男性用避妊薬に
    60万ドルを拠出
  5. 2017.03.03 アルツハイマー病の原因はアミロイドなのか? 治験がまた失敗