エミリー マリン[ Emily Mullin ]

MIT Technology Reviewの医学生物学副担当編集者(ワシントンD.C.駐在)です。取材したいのは、医学生物学と医療分野のイノベーションが、私たちの健康や日常生活をどう変化させるかです(いくらかかるのかも)。他に興味があるのは、こうした進歩のうち、世界の健康面の平等にどれがどのくらい影響を与えるかです。以前はフォーブス誌で契約ライターをしていた他、FierceBiotechで編集者のアシスタントをしていました。何かあればメールで連絡してください。
  1. 2017.08.24 ウェアラブル機器も登場
    鎮痛剤を使わない
    疼痛治療のイノベーション
  2. 2017.08.21 がんに関与する遺伝子と患者の生存を関連づける「地図帳」が公開
  3. 2017.08.14 人間への臓器移植に向けて遺伝子操作した安全な子ブタが誕生
  4. 2017.08.14 遺伝子操作した子どもの誕生を米国当局が厳しく規制
  5. 2017.08.10 10万ドルで遺伝子操作による不妊治療を請け負う米企業の正体