エミリー マリン[ Emily Mullin ]

MIT Technology Reviewの医学生物学副担当編集者(ワシントンD.C.駐在)です。取材したいのは、医学生物学と医療分野のイノベーションが、私たちの健康や日常生活をどう変化させるかです(いくらかかるのかも)。他に興味があるのは、こうした進歩のうち、世界の健康面の平等にどれがどのくらい影響を与えるかです。以前はフォーブス誌で契約ライターをしていた他、FierceBiotechで編集者のアシスタントをしていました。何かあればメールで連絡してください。
  1. 2017.04.28 スマホ制御のデザイナー細胞で、糖尿病患者の血糖値を一定に保つ
  2. 2017.04.27 動物の人工子宮実験で新記録 未熟児の生存率と中絶時期に影響
  3. 2017.04.25 世界一高価な遺伝子療法処方薬、需要不足で販売中止
  4. 2017.04.24 全ゲノム解析でも
    診断できない病気がある
  5. 2017.04.18 CRISPRは、多剤耐性菌に対抗する抗生物質代わりになるか?