エミリー マリン[ Emily Mullin ]

MIT Technology Reviewの医学生物学副担当編集者(ワシントンD.C.駐在)です。取材したいのは、医学生物学と医療分野のイノベーションが、私たちの健康や日常生活をどう変化させるかです(いくらかかるのかも)。他に興味があるのは、こうした進歩のうち、世界の健康面の平等にどれがどのくらい影響を与えるかです。以前はフォーブス誌で契約ライターをしていた他、FierceBiotechで編集者のアシスタントをしていました。何かあればメールで連絡してください。
  1. 2017.12.08 DIY遺伝子療法キットは「違法」、 FDAとバイオハッカーが対立
  2. 2017.11.27 トップ不在、人員半減——停滞続くトランプ政権の科学技術行政
  3. 2017.11.22 薬物依存症を遺伝子療法で克服する日はやってくるか
  4. 2017.11.20 体内での遺伝子編集が初実施、本当に必要な子どもたちへ届くか
  5. 2017.11.15 バタフライ・チルドレンに希望、遺伝子療法で皮膚の8割を再生