KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
トランプ次期大統領へ、テクノロジーに関する6つの質問
カバーストーリー 無料会員限定
Six Big Technology Questions for President Trump

トランプ次期大統領へ、テクノロジーに関する6つの質問

テクノロジー政策に関して、次の指導者の詳細な姿勢はまだよくわからない。 by Mike Orcutt2016.11.10

ホワイトハウスへの長い道のりは終わった。政治劇を脱して次は政策に集中する時だ。ドナルド・トランプは、MIT Technology Reviewが最も懸念する問題について、選挙遊説でほとんど触れなかった。そして今こそ、その問題を尋ねる時だ。

トランプ次期大統領殿

たとえパリ協定から離脱するとしても、気候変動は作り話ではなく、何らかの手を打つべき事態だと認めますか?

オバマ大統領は気候政策に関して重要な進歩を遂げました。そしてその勢いが続かないのであれば、穏やかではいられません。あなたは、気候変動を中国の創造物と呼んだと報じられているだけでなく、気候変動に関するパリ協定から離脱し、連邦気候変動基金の全てを削減し、さらにはオバマ大統領のクリーン・パワー・プランを廃止するともいいました。あなたは本当に気候変動を無視するつもりですか?

ネットワーク中立の原則を覆すつもりですか?

あなたは、商用インターネット政策について、連邦通信委員会(FCC)のネットワーク中立原則への突拍子もない反対をツイートする以外に、ほとんど何も語っていません。FCCのネットワーク中立性原則は、インターネットアクセス事業者を社会基盤と分類し、個々の企業のアクセス量に優先順位をつけるインターネットサービスに対して追加料金を請求するサービスを禁じました。オバマ政権のFCCは、最近、ISPに関するかなり厳しいプライバシー規則を制定しました。あなたがこうした規則を覆そうとするのではないかと …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る