KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
コネクティビティ Insider Online限定
Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces

ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定

人工知能は、顔写真から犯罪者とそうでない人を9割近い精度で区別できた。当然、倫理上の重大問題、より高度な検証など、さまざなま議論を呼び起こすことになる。 by Emerging Technology from the arXiv2016.11.23

写真の発明後まもなく、何人かの犯罪学者は、犯罪者を撮影した顔写真にパターンがあることに気付いた。犯罪者には法制度を踏みにじる者にある、特有の顔をしているというのだ。

この論争で最も影響力のある発言者のひとりがイタリアの犯罪学者、チェーザレ・ロンブローゾ(1835~1909年)だった。ロンブローゾは、犯罪者は法律を順守する市民と比べて「先祖返り」しており、人間よりサルに近いと信じていた。ロンブローゾは、傾斜した額、異常なサイズの耳、非対称な顔つき、長い腕といったサルに似た特徴から犯罪者を見分けられると確信していた。ロンブローゾは統計学的にはデータを分析しなかったが、実際に自分の考えを証明する目的でたくさんの被写体を測定した。

この勇み足は、やがてロンブローゾが失脚する原因になった。イギリスの犯罪学者チャールズ・ゴーリングによって、ロンブローゾの概論は信用を落とした。犯罪者と犯罪者でない人間とを比較した身体的差異に関するデータを統計学的に分析していたゴーリングは、有意な差はないと結論付けた。

その後2011年まで、論争に進展はなかった。この年、コーネル大学の心理学者は、人間は実際、単に写真を見ただけで犯罪者とそうでない人間を区別するのが非常に得意だと示したのだ。統計学的に際だった特徴がないなら、どうしてそんなことがあり得るだろうか?

11月22日、中国上海交通大学のシャオリン・ウとシ・チャンの研究によって、ある種の回答が得られた。研究チームはさまざまなマシン・ビジョン・アルゴリズムを使って、犯罪者とそうでない者の顔を調査し、実験により違いがわかるかどうかを調べたのだ。

研究チームの手法は簡単だ。18~55歳の中国人男性1856人(半数は犯罪者)の正面写真(顔ひげなし)を撮影し、そのうちの90%を使って畳み込みニューラル・ネッ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る