KADOKAWA Technology Review
×
CO2排出量は車の5倍、力任せの深層学習は環境に悪すぎる
Dean Mouhtaropoulos | Getty; edited by MIT Technology Review
知性を宿す機械 Insider Online限定
Training a single AI model can emit as much carbon as five cars in their lifetimes

CO2排出量は車の5倍、力任せの深層学習は環境に悪すぎる

深層学習を使った価値あるAI研究は莫大な計算資源を必要とし、大量の二酸化炭素を排出する。学術界と産業界の大きなギャップも問題だ。 by Karen Hao2019.08.27

人工知能(AI)産業はよく石油産業に例えられる。いったん採掘され、精製されると、データは石油のようにとても儲かる商品になる。今日、この比喩はもっと大きな意味を持つものになりそうだ。化石燃料と同様、深層学習のプロセスは環境にかなり大きな影響を与えるからだ。

マサチューセッツ大学アマースト校の研究チームは、一般的な大規模AIモデルの訓練について、ライフ・サイクル・アセスメント(LCA:製品やサービスのライフサイクル全体に関する環境影響評価)を実施した(論文はこちら)。その結果、大規模AIモデルの訓練は、二酸化炭素換算量で約284トン以上を排出することが明らかになった。平均的なアメリカ車が耐用年数内に放出する炭素量(車両の生産を含む)のほぼ5倍に相当する値だ。

AI研究者は以前からうすうす気づいてはいたものの、衝撃的な値である。「おそらく、私たちの多くはこれまで抽象的に漠然と捉えていたと思います。発表された数字は問題の深刻さを示しています」。スペインのア・コルーニャ大学のコンピュータ科学者であるカルロス・ゴメス・ロドリゲス准教授はこう話す(同准教授は今回の研究には関わっていない)。「私自身も、二酸化炭素の排出について一緒に議論した研究者も、環境への影響がそれほど重大だとは思っていませんでした」。

自然言語処理の二酸化炭素排出量を調査

この論文では、自然言語処理(NLP)モデルの訓練プロセスを重点的に検証している。 NLPは、機械に人間の言語を教え、処理させることに特化したAIのサブ分野である。過去2年間、NLPの研究コミュニティは、機械翻訳、文章完成法、その他の標準的なベンチマーク・タスクにおいて、いくつかの著しい成果を上げている。たとえば、オープンAI(OpenAI)の有名なモデル「GPT-2」は、説得力のあるフェイクニュース記事を書くことに卓越している。

だが、精度の高いNLPには、インターネット上から収集した大量の文章のデータセットを使った、より大規模なモデルの訓練が必要になる。計算コストが高く、極めて大きなエネルギーを消費して …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る