KADOKAWA Technology Review
×
カーレン・ハオ[ Karen Hao ] 米国版 AI担当記者
MITテクノロジーレビューの人工知能(AI)担当記者。特に、AIの倫理と社会的影響、社会貢献活動への応用といった領域についてカバーしています。AIに関する最新のニュースと研究内容を厳選して紹介する米国版ニュースレター「アルゴリズム(Algorithm)」の執筆も担当。グーグルX(Google X)からスピンアウトしたスタートアップ企業でのアプリケーション・エンジニア、クオーツ(Quartz)での記者/データ・サイエンティストの経験を経て、MITテクノロジーレビューに入社しました。
  1. 2020.07.30 ディープフェイク技術は有益、テンセントが主張する5つの用途
  2. 2020.07.26 「アフォーダンス」理論で強化学習を効率化、ディープマインド
  3. 2020.07.22 画像の半分から残りを生成、オープンAIがGPT-2を応用
  4. 2020.07.14 敵対的攻撃に強い深層学習システム、イリノイ大が新訓練法を提案
  5. 2020.07.10 顔認識技術は人種差別的、
    抗議を2年間無視し続けた
    アマゾンが態度を変えた理由
  6. 2020.07.08 新型コロナと戦う市井の科学者・技術者たちが見た「新しい協働」
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る