KADOKAWA Technology Review
×
カーレン・ハオ[ Karen Hao ] 米国版 AI担当記者
MITテクノロジーレビューの人工知能(AI)担当記者。特に、AIの倫理と社会的影響、社会貢献活動への応用といった領域についてカバーしています。AIに関する最新のニュースと研究内容を厳選して紹介する米国版ニュースレター「アルゴリズム(Algorithm)」の執筆も担当。グーグルX(Google X)からスピンアウトしたスタートアップ企業でのアプリケーション・エンジニア、クオーツ(Quartz)での記者/データ・サイエンティストの経験を経て、MITテクノロジーレビューに入社しました。
  1. 2019.06.18
  2. 2019.06.18 ネトフリ研究者が作った「キスシーン検出」AIの恐ろしさ
  3. 2019.06.16 「ディープフェイク」製スパイがリンクトインで政府関係者に接触か
  4. 2019.06.09 AIで国連演説はわずか13時間で捏造可能、研究者ら警鐘
  5. 2019.06.09 写真と似たような服を提案、アマゾンがファッションAIに再挑戦
  6. 2019.06.05 自動化が生む新たな貧困
    「ゴーストワーク」は
    他人事ではない
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る