KADOKAWA Technology Review
×
カーレン・ハオ[ Karen Hao ] 米国版 AI担当記者
MITテクノロジーレビューの人工知能(AI)担当記者。特に、AIの倫理と社会的影響、社会貢献活動への応用といった領域についてカバーしています。AIに関する最新のニュースと研究内容を厳選して紹介する米国版ニュースレター「アルゴリズム(Algorithm)」の執筆も担当。グーグルX(Google X)からスピンアウトしたスタートアップ企業でのアプリケーション・エンジニア、クオーツ(Quartz)での記者/データ・サイエンティストの経験を経て、MITテクノロジーレビューに入社しました。
  1. 2020.01.15
  2. 2020.01.09 賢くなった「Siri」が採用する、プライバシー保護のアプローチ
  3. 2020.01.02 顕在化した「AI倫理」問題
    2020年は行動の年に
  4. 2019.12.27 「見分け方」を学習、説明できる画像認識=MITなど開発
  5. 2019.12.24 顔認識システムに人種バイアス、非白人で誤認識率に差
  6. 2019.12.20 成熟するAIコミュニティ
    NeurIPSで感じた変化
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る