KADOKAWA Technology Review
×
カーレン・ハオ[ Karen Hao ] 米国版 AI担当記者
MITテクノロジーレビューの人工知能(AI)担当記者。特に、AIの倫理と社会的影響、社会貢献活動への応用といった領域についてカバーしています。AIに関する最新のニュースと研究内容を厳選して紹介する米国版ニュースレター「アルゴリズム(Algorithm)」の執筆も担当。グーグルX(Google X)からスピンアウトしたスタートアップ企業でのアプリケーション・エンジニア、クオーツ(Quartz)での記者/データ・サイエンティストの経験を経て、MITテクノロジーレビューに入社しました。
  1. 2020.04.01 プライバシーか? 公衆衛生か? 新型コロナで揺れるAI規制のゆくえ
  2. 2020.03.29 専門家に聞く、あなたができる「社会距離」戦略の実践方法
  3. 2020.03.23 新型コロナ、「暖かくなったら終息」は本当か?
  4. 2020.03.18 新型コロナ2万4000本以上の論文データセット、AI2などが公開
  5. 2020.03.18 インテルが嗅覚を模した神経回路チップを開発、臭いの判別に成功
  6. 2020.03.17 自閉傾向の子どもの発達を個別支援、USCが新ロボット
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る