KADOKAWA Technology Review
×
カーレン・ハオ[ Karen Hao ] 米国版 AI担当記者
MITテクノロジーレビューの人工知能(AI)担当記者。特に、AIの倫理と社会的影響、社会貢献活動への応用といった領域についてカバーしています。AIに関する最新のニュースと研究内容を厳選して紹介する米国版ニュースレター「アルゴリズム(Algorithm)」の執筆も担当。グーグルX(Google X)からスピンアウトしたスタートアップ企業でのアプリケーション・エンジニア、クオーツ(Quartz)での記者/データ・サイエンティストの経験を経て、MITテクノロジーレビューに入社しました。
  1. 2019.12.05 その曲を聞くと気分がよくなるのはなぜ? 機械学習で解明する新研究
  2. 2019.12.03
  3. 2019.11.21 AIが加速する「ナスカの地上絵」探し、山形大とIBMが共同実験
  4. 2019.11.21
  5. 2019.11.15 ナスダックが不正監視に深層学習、アナリストの負担を軽減
  6. 2019.11.13 AI訓練コスト「ムーアの法則超え」、劇的増加に警鐘
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る