KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2021年度候補者募集のお知らせ
カーレン・ハオ[ Karen Hao ] 米国版 AI担当記者
MITテクノロジーレビューの人工知能(AI)担当記者。特に、AIの倫理と社会的影響、社会貢献活動への応用といった領域についてカバーしています。AIに関する最新のニュースと研究内容を厳選して紹介する米国版ニュースレター「アルゴリズム(Algorithm)」の執筆も担当。グーグルX(Google X)からスピンアウトしたスタートアップ企業でのアプリケーション・エンジニア、クオーツ(Quartz)での記者/データ・サイエンティストの経験を経て、MITテクノロジーレビューに入社しました。
  1. 2021.06.15 AIのための「フェイク人間」が大量生産される時代がやってきた
  2. 2021.06.09 AIはまだ、ヘイトスピーチを見分けるのが苦手=米最新研究
  3. 2021.05.26
  4. 2021.05.20
  5. 2021.05.13 最新AI技術にDoS攻撃のリスク、大量の電力消費の可能性
  6. 2021.05.06 人工知能について、
    倫理の次に語られるべきこと
    ——AIナウ創立者に聞く
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る