KADOKAWA Technology Review
×
カーレン・ハオ[ Karen Hao ] 米国版 AI担当記者
MITテクノロジーレビューの人工知能(AI)担当記者。特に、AIの倫理と社会的影響、社会貢献活動への応用といった領域についてカバーしています。AIに関する最新のニュースと研究内容を厳選して紹介する米国版ニュースレター「アルゴリズム(Algorithm)」の執筆も担当。グーグルX(Google X)からスピンアウトしたスタートアップ企業でのアプリケーション・エンジニア、クオーツ(Quartz)での記者/データ・サイエンティストの経験を経て、MITテクノロジーレビューに入社しました。
  1. 2021.04.07 ビッグから「グッド」へ発想転換を、第一人者が語るAI導入のコツ
  2. 2021.04.05 AIモデル評価用データセットに多数の誤り、実は優秀ではなかった?
  3. 2021.04.02 ディープフェイクの
    偽「アマゾン社員」登場、
    労組結成投票に混乱
  4. 2021.03.09
  5. 2021.03.09 AIボットが演じる16歳で「心を開く」訓練、カウンセラー教育に
  6. 2021.03.08 2021重大技術:「マルチモーダル」でAIはもっと柔軟かつ堅牢になる
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る