ユビキタス

Engineering a Safer Snow Jump 科学的にケガをしにくいスノージャンプ競技場の設計方法

未実証だったが、スキーヤーやスノーボーダーの安全性に配慮してジャンプ台を設計するのは簡単とわかった。 by Emerging Technology from the arXiv2016.11.29

スキーヤーやスノーボーダーがアクロバティックな技を競い合うテレインパークは、カリフォルニア州で1990年代に初登場して以降、人気が高まっている。

しかし、人気が高まるにつれて、技やジャンプによるケガも増えている。特に、スキーヤーやスノーボーダーが首や頭から落下して起きる脊椎損傷(着地時の大きな衝撃が背骨にダメージを与える)は深刻だ。

プロテクターの着用や安全技術の実践を競技者に促すことも、この問題の対処方法のひとつだ。だが、もっと優れたやり方がある。テレインパーク自体を安全に設計すればいいのだ。

もちろん、テレインパークの工学的設計によってケガを減らそうとする発想を採用するスキーリゾートは少ない。(安全に配慮することで利用者だけの責任ではなくなるため)損害賠償リスクを恐れているともいえるが、もっと現実的な疑問もある。そもそも、ジャンプの安全性は、本当に工学的に高められるのだろうか?

11月28日、パドバ大学(イタリア)のニコラ・パトローネ博士の研究チームにより、答えが得られた。研究チームは、競技者がどれだけ遠くまでジャンプしても、その人にかかる着地の衝撃が同じジャンプ台を設計したのだ。

「競技者が着地に失敗して、危険な目に会うことはわかりきっている。それでも、工学的手法によって、失敗が大惨事につながらないようなジャンプ台は作成可能だ」

研究チームは、ジャンパーにかかる着地の衝撃を、水平な地面に向かって垂直に落下した場合の衝撃に相当する高さである「落下相当高度」に換算し、ジャンプ台を比較した。一般的に、人の脚は1.5mまでの高さからの落下の衝撃なら吸収できる。しかし、スキ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。