ロボット工学

An AI Ophthalmologist Shows How Machine Learning May Transform Medicine 人工知能眼科医は、機械学習で医学を一変させる

グーグルの研究者は、専門医と同等に一般的な眼病を診断できるようにアルゴリズムを訓練しようとしている。 by Will Knight2016.11.30

グーグルの研究者は、目を検査するアルゴリズムで、自動的に一般的な失明の危険がある眼病を発見する方法を割り出そうとしている。人工知能によって医学があっという間に変貌する可能性がある。

グーグルのアルゴリズムは、網膜画像を検査し、糖尿病網膜症(糖尿病患者の約3分の1が発症する)を検知できる。高度な訓練を受けた眼科医でも発見できるが、アルゴリズムは、グーグルで無数のWeb画像の分類に用いられる機械学習の手法が活用されている。

糖尿病網膜症は、目の血管が損傷を受けて発症する病気で、徐々に視力が低下する。初期段階であれば治療できるが、患者には初期症状がなく、検査が欠かせない。専用機器で記録された患者の網膜画像に、出血や分泌液の漏出の兆候がないか専門家が観察し、診断される。

病気の自動検出の分野によっては、診断の効率と信頼性を改善できる可能性があり、特に必要な専門家が不足している分野では重宝されるだろう。「機械学習による診断の研究で最も興味深いのは、客観性を改善させ、最終的には医療の正確さと品質も改善させる可能性があることです」とオレゴン健康科学大学ケーシー眼研究所で臨床医を務めるマイケル・チャン教授(眼科学)はいう。

人工知能(AI)が過去に医学分野で収めた成功には、矛盾した部分がある。医師に助言する知識データベースを使ったシステムは、状況によっては医師よりも優れた機能を発揮するが、システムの導入には制限がかかっている。それでも、機 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。