KADOKAWA Technology Review
×
年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
コネクティビティ 無料会員限定
These Wearables Detect Health Issues Before They Happen

「医師の助言」はウェアラブル・デバイスで事業化できるか?

米国政府が資金を提供したMD2Kプロジェクトで生まれたテクノロジーによって、消費者向け製品がリアルタイムで健康情報を提供できるようになる。 by Elizabeth Woyke2016.12.01

次世代のアップル・ウォッチやフィットビット(Fitbit)、アンドロイド・ウェア(Android Wear)のガジェットは単に健康データをスマホに送信するだけでなく、社会全体の健康問題を緩和できるだろう。

「MD2K」は、ビッグデータの手法をモバイル・センサーに応用する、米国政府が資金を提供したプロジェクトだ。ウェアラブル・センサーが収集する健康データを集積し、分析するハードウェアとソフトウェアを開発する目的で、米国国立衛生研究所から1080万ドルの資金が提供された。MD2Kの最終目標は、センサーやデータを利用して依存症の再発といった「有害な健康上の現象」を予測して防ぐことだ。MD2Kは研究者や医師が対象だが、ツールは自由に利用できるため、革新的な手法を消費者向けウェアラブル機器にも転用できる。

市販されているウェアラブル・デバイスでは、製品が収集するのはユーザーの歩数や心拍数といった健康データに限られ、しかもセンサーからの生データではなく、データを解釈した結果としての歩数や心拍数を表示するため、研究には適さない。さらに、そうした製品の電池は丸1日分のデータを頻繁に取得して収集できるほどの容量がなく、収集データの不確実性も定量化できない。

そうした短所を解決するため、MD2K のチームは12大学にまたがり、1回の充電で24時間さまざまな生の信頼できるセンサーデータを収集できるガジェットを開発した。たとえば「モーションセンス」はユーザーの腕の動きをセンサーで読み取り、心拍数の変化を調べるスマート・ウォッチだ。「イージーセンス」は胸の近くに装着する小型のレーダー・センサーで、心臓の活動や肺の液 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る