KADOKAWA Technology Review
×
「ドライバーは従業員ではない」ウーバーの主張はどこまで通るか
Sean Gallup | Getty
ビジネス・インパクト 無料会員限定
This is one way Uber and Lyft want to get around making drivers employees

「ドライバーは従業員ではない」ウーバーの主張はどこまで通るか

ギグワーカーを従業員に位置付けるとしたカリフォルニア州議会の決定は、配車サービス企業に代表されるギグワーカーに頼る業界を震撼させた。ウーバーやリフトは、9000万ドルを投じるキャンペーンを実施し、従業員でも請負業者でもない、労働者の「第3のカテゴリー」を設けることで、この決定に対抗しようとしている。 by Angela Chen2019.10.03

カリフォルニア州は、ウーバー(Uber)とリフト(Lyft)のドライバーをはじめとするギグワーカーを、独立した請負業者ではなく、従業員として位置付ける法案を9月上旬に可決した。カリフォルニア州内で展開する配車サービス企業にとっては大打撃であり、長い戦いの始まりを意味するニュースとなる。

ウーバーの広報担当者は、ドライバーは自社の事業の「中核」ではないため、労働者を分類し直すことはしないとすでに述べている。「AB5」と呼ばれる新たな法案は、労働者の仕事が事業の中心である場合、その労働者は従業員であると明確にしている。ウーバーの主張が議論を呼ぶことは必至だ。さらに、ウーバーとリフト、および、オンデマンドのフード配達サービスを提供しているドアダッシュ(DoorDash)は、ギグワーカーを、従業員でも独立した請負業者でもない新たなカテゴリーに分類するべきかどうかを問う住民投票を実施するキャンペーンに9000万ドルを投じると約束した。

米国にはないが、労働者の「第3のカテゴリー」を設定している国々もあり、中にはその結果が教訓となっている例もある。この労働者の第3のカテゴリーがウーバーやリフトのドライバーにとって、また、労働の未来にとってどういう意味があるのかを見て行こう。

労働者の3番目のカテゴリーとは何なのか?

米国における「従業員」の正確な定義と権利については州によってさまざまだが、労働者には2つのカテゴリーしかない。「従業員」か「独立した請負業者」だ。しかし、さらに多くの区分がある国もある。セントルイス大学の雇用法の専門家あるミリアム・チェリー教授は、英国、スペイン、 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る