KADOKAWA Technology Review
×
OpenAI
知性を宿す機械 Insider Online限定
A robot hand taught itself to solve a Rubik’s Cube after creating its own training regime

ルービックキューブを解く
ロボットハンドは
汎用ロボへの一歩となるか?

ルービックキューブを片手で解くロボットハンドは、近年注目を集めるロボットと人工知能(AI)の融合を進める研究成果として大きな注目を浴びた。画期的な成果だが、汎用ロボットに近付いたというオープンAIの主張には疑義を挟む研究者もいる。 by Karen Hao2019.11.21

1年以上前、サンフランシスコに本拠を持ち、営利目的でAI研究をするオープンAI(OpenAI)は、驚くべき器用さで立方体を動かせるロボットハンドを訓練したと発表した。

それ自体は驚異的には聞こえないかもしれないが、人工知能(AI)の世界では2つの意味で画期的だった。まず、このロボットハンドが、動物の学習方法をモデルにした強化学習アルゴリズムという手法を使って立方体の動かし方を学んだことだ。次に、すべての訓練はシミュレーションで実施されたが、実世界にうまく変換できたことだ。どちらの成果も、産業用および消費者用のより機敏なロボットを製造するための重要な一歩だ。

この21018年の結果について「やや驚きました」とマサチューセッツ工科大学(MIT)のレスリー・ケルブリング教授(ロボット工学)は話している。「こんなことが可能だとは、正直想像していませんでした」。

オープンAIは10月15日に発表した新しい論文で、ロボットハンド「ダクティル(Dactyl)」による最新の成果を披露した。 ダクティルは片手でルービックキューブを動かせるようになっていた。この成果も、前回同様シミュレーションでの強化学習によるものだ。注目すべきなのは、ロボットが古くからあるルービックキューブというパズルを解けるようになったというよりは、以前よりもさらにレベルアップした器用さの獲得に成功したことにある。

機器操作を専門とするロボット工学者のドミトリ・ベレンソン博士(ミシガン大学)は「これは本当に難しい課題です」と話す。「ルービックキューブのパーツを回転させるのに必要な操作は、立方体自体を回転させるよりも、本当にはるかに難しいのです」。

バーチャルの世界から物理世界へ

従来、ロボットによる物体操作は、非常に簡単な操作のみに限られていた。強化学習アルゴリズムによって、 囲碁で、ソフトウェアが最高の棋士を破るなど、ソフトウェアにおける複雑なタスクの達成には大きな成功を収めてきた。しかし、物理的な機械の訓練にもこの方法が使えるかといえば、話は別だ。その理由は、アルゴリズムは試行錯誤を繰り返して磨きをかける必要があるからだ。多くの場合、この試行錯誤は何百万回にも及ぶが、現実の世界で物理的なロボットが実際に繰り返すには、極めて長い時間がかかり、多くの物理的な消耗や困難にも対応しなければならない。また、ロボットが闇雲にデータを収集しようとすると、危険が生じる可能性すらある。

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る