KADOKAWA Technology Review
×
10年以上活動するロシアのハッカー集団、2年ぶりに表舞台に
Photo: The Kremlin by Mariano Mantel CC BY NC 2.0
コネクティビティ 無料会員限定
Kremlin hackers are back in the spotlight after 2016 election breach

10年以上活動するロシアのハッカー集団、2年ぶりに表舞台に

姿を消したように見せていたロシア政府の有名なハッカー・グループが、長年にわたって世界各地で活動していることが判明した。 by Patrick Howell O'Neill2019.11.18

2016年の民主党全国委員会(Democratic National Committe)に対する、悪名高きハッキングに関与したグループの1つとして浮上した「コージー・ベア(Cozy Bear)」。ロシア諜報機関のハッカーとして知られるこのグループの足取りは、その後、途絶えていた。

しかし新しい研究で、コージー・ベア(別名デュークス=Dukes)は完全に姿を消したのではないことが判明した。スロバキアのサイバーセキュリティ企業ESETの報告によると、このグループは表舞台から2年以上姿を消していたものの、欧州の少なくとも3カ国の外務省や、ワシントンDCの欧州連合(EU)大使館を標的とした6年に及ぶ諜報活動を活発にしていた。

「ファンシー・ベア(Fancy Bear)」「トゥールラ(Turla)」というコード・ネームを持つロシアの他の2つの高度なハッキング・グループも、侵入された同じコンピューターのいくつかで痕跡が見付かっている。政府の異なる部門(今回の事例では軍と諜報機関)に所属するロシアのハッキング・グループは、重要度の高い標的を狙う際に激しく競争することで知られている。

コージー・ベアによる欧州における一連の政治的標的に対する執拗で繊細な活動では、研究者が「ゴースト作戦(Operation Ghost)」と呼ぶ、新しいマルウェアや戦術が使われた。活動の開始は2013年までさかのぼり、少なくとも2019年6月まで継続された。

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る