KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
2019年に「大失敗」した宇宙プロジェクト5つ
NASA / Isaac Watson
ビジネス・インパクト 無料会員限定
The five biggest space failures of 2019

2019年に「大失敗」した宇宙プロジェクト5つ

中国の人類初の月裏側への宇宙船着陸から、日本の「はやぶさ2号」の小惑星リュウグウでの快挙まで、2019年には宇宙に関して数々の輝かしい成果があった。しかし一方で、大きな失敗もあった。この記事では、宇宙関連で2019年に起こった大失敗を5つ、紹介しよう。 by Neel V. Patel2019.12.30

宇宙に関して言えば、2019年は成功を祝う出来事がたくさんあった。中国は、人類史上初めて月の裏側に宇宙船を着陸させた。米国航空宇宙局(NASA)の探査機「ニュー・ホライズンズ(New Horizons)」は、人類がつくり出した宇宙船が今まで訪れた中で、最も遠い天体を近接通過した。日本の探査機「はやぶさ2号」は、1度とならず2度も、小惑星リュウグウの表面からサンプルを回収した。さらに、リュウグウに金属弾を打ち込み、人工のクレーターも作った。スペースX(SpaceX)は、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて新たな有人宇宙船を打ち上げた。もちろん、無人であったが、それでも一歩前進だ。同社はまた、宇宙船「スターシップ(Starship)」の初のプロトタイプも披露した。

しかし、こうした大きな成功の影には、大きな失敗もあった。2019年に起こった宇宙に関わる最大の失敗を5つを紹介しよう。心の準備はいいだろうか。

1. マーズワンが破産

マーズワン(Mars One)の失敗をもっとも肯定的に表現するなら、「世間知らずな夢」だったということだ。より現実的な評価をするなら、詐欺だったということになるだろう。オランダの同社は、多くの投資家をうまく説得して、人類を初めて火星に送り集団居住地を作る計画に数千万ドルを注ぎ込ませた。これは、片道の旅になる予定だった。実際は、計画は常識外れなもので、資金も不足しているように見えた。広報・宣伝活動は見事だったが、宇宙船を独自には開発してはおらず、単純にも、必要なものはすべて購入できると想定していた。スケジュールは遅れ続けた。誰にとっても驚きではなかったが、マーズワンは20 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る