KADOKAWA Technology Review
×
医療AIを加速、
因果関係を判定する
新アルゴリズム
Joshua Coleman | Unsplash
生命の再定義 Insider Online限定
An algorithm that can spot cause and effect could supercharge medical AI

医療AIを加速、
因果関係を判定する
新アルゴリズム

複数のデータセットにまたがる事象の因果関係を見抜くことができる手法を英国の研究チームが開発した。量子暗号にヒントを得たもので、大規模な医療データベースに適用することで、医療診断AIの精度を高めるのに役立ちそうだ。 by Douglas Heaven2020.02.12

世界の仕組みを理解することは、原因と結果を理解することを意味する。物事はどうしてこうなっているのか? それをすると何が起こるか? 相関関係は、特定の複数の現象が一緒に起こるということを示すに過ぎない。因果の繋がりのみが、あるシステムがそうある理由やどのように進化する可能性があるのかを示す。簡潔に言えば、相関関係と因果関係は異なる。

このことは、膨大な数の変数が相互に関連付けられる医学において大きな問題となる。病気の診断は、どの状態がどの症状を引き起こすかを知ることにかかっており、病気の治療は、さまざまな薬やライフスタイルを変えることの効果を知ることにかかっている。そのような絡み合った問題のもつれを解くには、通常、厳密な観察研究やランダム化比較試験を実施する。

これらの結果は豊富な医療データを作成するが、さまざまなデータセットに分散しているため、多くの疑問が解決されていない。1つのデータセットが肥満と心臓病の相関を示し、別のデータセットが低ビタミンDと肥満の相関を示す場合、低ビタミンDと心臓病の関係はどうなるのか。通常、調べるには別の臨床試験が必要だ。

この断片的な情報をどのように活用すればよいのだろうか。コンピューターはパターンを見つけるのに優れているが、それは単なる相関関係だ。ここ数年、コンピューター科学者は、単一のデータセット内の因果関係を特定できるアルゴリズムをいくつか発明した。しかし、単一のデータセットに注目することは、鍵穴を覗くようなものだ。必要なのは、全体像を把握する方法である。

英国に本拠を置くデジタル保健医療プロバイダーであるバビロン・ヘルス(Babylon Health)の研究者アニッシュ・ディールとシアラン・リーは、さまざまなデータセットにまたがる因果関係を見つけるための手法を考案した。この手法により、まだ活用されていない医療データの大規模なデータベースにおいて原因と結果を …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る