KADOKAWA Technology Review
×
ソーシャルメディアは
「インフォデミック」と
いまどう戦うべきか?
Science Photo Library / Getty
コネクティビティ 無料会員限定
Here’s how social media can combat the coronavirus ‘infodemic’

ソーシャルメディアは
「インフォデミック」と
いまどう戦うべきか?

新型コロナウイルス感染症が拡大し、世界中の人々が自宅待機を余儀なくされる中で、フェイスブックやツイッターは新型コロナウイルスに関する主要な情報源となっている。一方で、ソーシャルメディア上に蔓延する膨大なデマはインフォデミックの原因となり、社会的・経済的混乱を誘引している。 by Joan Donovan2020.03.21

先週末にかけてマサチューセッツ州では、同州のチャーリー・ベーカー知事が「屋内退避」命令の準備をしているという噂が広がった。パニックに陥った市民は、州内の食品雑貨店やガソリンスタンド、コンビニエンスストアで、トイレットペーパーや洗浄用具、パスタ、ピーナツバターなどあらゆる物資を買い占めた。3月17日の聖パトリックの祝日のパレードやボストンマラソンなどのイベントは中止され、飲食店や人々が集う場所が閉鎖される中、ベーカー知事は「皆さん、正当なところから情報を入手してください。友達の友達の友達の友達から得てはいけません」と噂に対し返答した。

この噂はどこから出たのだろうか? 一般に知られたある陰謀論者のブログが、ソーシャルメディアで広まっていた。そして、おそらく住民にボストンマラソン爆弾テロ事件の記憶がよみがえり、危機的状況の中で何が起こりうるかを痛々しく思い出させたのだろう。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による大規模な閉鎖が広がる中で、ソーシャルメディアはこれまでになく重要な存在となっている。ソフトな隔離状態を強いられる中で、フェイスブックやツイッターなどのサービスは渇望される「息抜き」としての役割だけでなく、日々の生活の基盤として、家族や友人、同僚などを繋ぐ重要なパイプとしてのまったく新しい力を持ち始めている。人々が物理的にもっと隔離された状態になれば、タイムリーな地域の情報をますます求めるようになり、ソーシャルメディアとWebは世界の情報に対するニーズを満たす責を負うようになるだろう。

とはいえ、世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な流行)と戦いながら、インフォデミックとも戦わなければならないと頭を悩ませている。WHOはインフォデミックを、「正確な情報と不正確な情報が混在する情報過多の状態により、人々が必要な時に信頼できる情報源や頼りになるガイダンスを見つけにくくなること」と定義している。週末の記者会見でベーカー知事は、テレビや新聞は情報を入手する最も確かな方法だと聴衆に念を押し、ソーシャルメディアに依存しないよう警告した。

誤った情報の拡散を防止する慎重な戦略がなければ、多くのことが悪い方向に進むだろう。実際、そうなることがあ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る