KADOKAWA Technology Review
×
【10月31日まで】日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
「近すぎ」警告、AI企業が工場向けに社会的距離検知システム
Landing AI
知性を宿す機械 無料会員限定
Machine learning could check if you're social distancing properly at work

「近すぎ」警告、AI企業が工場向けに社会的距離検知システム

著名な人工知能(AI)研究者が率いるスタートアップ企業が、監視カメラの映像から社会的距離の遵守を監視するシステムを開発した。「従業員と地域社会の安全」を守るためのものだと強調しているが、雇用主の統制権を強化する可能性もある。 by Karen Hao2020.04.21

元バイドゥの主任研究員であるアンドリュー・エンが立ち上げたスタートアップ企業 「ランディングAI( Landing AI)」は、新しい職場監視ツールを開発した。必要な距離を守らずに同僚に接近した際に警報を発するツールだ。

ランディングAIは4月16日、新たに開発した「社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)検知機」を披露するデモ映像をブログに投稿した。画面の左側には市民が町を歩いている映像、右側には1人1人を点として示した鳥瞰図を表示し、市民同士が近付きすぎると赤色になる。ランディングAIは工場の製造現場などの職場環境での使用を想定しており、 フォックスコン(Foxconn)をはじめとする顧客企業の要望に応じて開発したとしている。

社会的距離検知機は既存の監視カメラシステムに容易に組み込めるが、社会的距離を破った人に通知する方法は依然として検討中だという。 たとえば、従業員同士が互いに近づき過ぎてすれ違った時に警報音を鳴らす方法などがあ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る