KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
生命の再定義 Merck’s Vaccine Won’t Be the End of Ebola

効果100%でも、メルク製ワクチンがエボラを根絶できない理由

殺人ウイルスに対抗するワクチンは臨床試験をクリアしたが、エボラ根絶の長期的解決策にはならない。 by Emily Mullin2017.01.06

15年間かけて開発されたエボラ・ワクチンが、臨床試験でウイルスの感染予防に最高100%の効果があることが実証された。だが、散発的な発症は予防できず、ウイルスに感染しやすい地域で、すぐにワクチンが行き渡る可能性は低い。

臨床試験を指揮した世界保健機関(WHO)のワクチン研究構想のマリ=ピエール・プレジオシ・ディレクターによると、エボラ・ワクチンが目指すのは、既に発生しているアウトブレイクの拡大を阻止することだけだ。承認されれば、WHOがエボラの新たな感染を認めたとき、患者の家族や医療関係者、衛生作業員など、最も感染の危険性の高い人々にだけワクチンを接種する。

エボラ・ワクチンは、予防効果がどれほど持続するか、まだ十分なデータが揃っていないため、天然痘やポリオなどのように予防措置として広く一般には接種されない、とプレジオシ・ディレクターはいう。医薬品の規制当局がワクチンを承認するにしても、新たなエボラ発症を防ぐための「長期的戦略」用ではない。

この方針は、経口型コレラ・ワクチンの投与法に似ている。コレラ・ワクチンは、アウトブレイクの最中や、感染率が高い場所への旅行前に投与される。ワクチンの入手が容易になった今でも、発展途上国では各地でコレラのアウトブレイクが発生している。ワクチンの多くは、少なくとも数年から数十年の感染防止効果がある。

エボラ・ワクチンの臨床試験は、アウトブレイクが猛威を振るった2015年にギニアで始まり、1万2000人近くが参加した。ワクチンを接種された6000人近い被験者のうち、接種から10日を過ぎてエボラを発症したケースは1例もなかった。ワクチン接種を受けなかったグループでは、同じ期間で23の発症例が報告されている。

メルク製のワクチンは、主に牛に感染する動物ウイルスである水疱性口内炎ウイルスにエボラ・ウイルスの遺伝子を挿入し、遺伝子を組み換えて作られた。臨床試験の最終結果は、昨年12月末に英国の医学誌ザ・ランセットで発表された。

ジョージタウン大学医薬品アクセス・安全性・管理センターの創設者であるジェシー・グッドマン所長は、試験結果を「大変すばらしい」と評価しながらも、ワクチンに関してはいまだにわからない点も多いとしている。たとえば、効果、妊婦やHIV感染者、子どもへの安全性は確認されていない。

ニューリンク・ジェネティクス(カナダ政府の研究所からワクチンの承認を最初に得て、メルクと提携している)のトム・モナス最高科学責任(CSO)者兼最高執行責任者(COO)は、HIV感染者と6歳未満の子どもへの臨床試験は始まったばかりだ、という。

しかし、追加治験からは限定的な情報しか得られないだろう。アウトブレイクが終息した今となっては、ワクチンの効果を測るのは難しい。かといって、被験者を致死率の高い危険なウイルスにあえてさらすわけにはいかない。

プレジオシ・ディレクターは、異なるウイルスの型に対応できるワクチンなどを含め、エボラの治療法とワクチンの双方を上手く組み合わせることが、将来のアウトブレイクを効果的に予防し、対策を打つために必要だと語った。

人気の記事ランキング
  1. First Evidence That Night Owls Have Bigger Social Networks than Early Risers 社交的な夜型、孤独な朝型——行動パターンに明らかな違い
  2. Google Reveals Blueprint for Quantum Supremacy グーグルが量子超越性の実現にめど、数カ月内に実証も
  3. Forget Killer Robots—Bias Is the Real AI Danger グーグルが指摘する、イーロン・マスクが語らないAIの本当の脅威
  4. Put Humans at the Center of AI グーグルへ転じた スタンフォード研究者が語る 次世代AIに必要なこと
  5. Is AI Riding a One-Trick Pony? 人工知能バブル 3度目の冬はやってくるのか
タグ
クレジット Photograph by Cellou Binani | Getty
エミリー マリン [Emily Mullin]米国版
MIT Technology Reviewの医学生物学副担当編集者(ワシントンD.C.駐在)です。取材したいのは、医学生物学と医療分野のイノベーションが、私たちの健康や日常生活をどう変化させるかです(いくらかかるのかも)。他に興味があるのは、こうした進歩のうち、世界の健康面の平等にどれがどのくらい影響を与えるかです。以前はフォーブス誌で契約ライターをしていた他、FierceBiotechで編集者のアシスタントをしていました。何かあればメールで連絡してください。
「生命の再定義」の記事
人気の記事ランキング
  1. First Evidence That Night Owls Have Bigger Social Networks than Early Risers 社交的な夜型、孤独な朝型——行動パターンに明らかな違い
  2. Google Reveals Blueprint for Quantum Supremacy グーグルが量子超越性の実現にめど、数カ月内に実証も
  3. Forget Killer Robots—Bias Is the Real AI Danger グーグルが指摘する、イーロン・マスクが語らないAIの本当の脅威
  4. Put Humans at the Center of AI グーグルへ転じた スタンフォード研究者が語る 次世代AIに必要なこと
  5. Is AI Riding a One-Trick Pony? 人工知能バブル 3度目の冬はやってくるのか
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント