KADOKAWA Technology Review
×
締切 迫る!【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
新型コロナで急増するデマ、フェイクニュース AI対応にも限界
Eric Risberg/AP
AI is still largely baffled by covid misinformation

新型コロナで急増するデマ、フェイクニュース AI対応にも限界

フェイスブックは5月12日に公開した最新の「コミュニティ規定施行レポート」で、ヘイトスピーチやデマを検知する人工知能(AI)システムの最新のアップデートについて発表した。 by Karen Hao2020.05.20

フェイスブックは5月12日に公開した最新の「コミュニティ規定施行レポート」で、ヘイトスピーチやデマを検知する人工知能(AI)システムの最新のアップデートについて発表した。今四半期に削除したヘイトスピーチの全体の88.8%がAIによって検知され、80.2%だった前四半期より増加したという。AIシステムがヘイトスピーチだと強く確信した場合、コンテンツは自動的に削除されることになっているが、ほとんどの場合は最初に人間によってチェックされている。

こうした改善は、主にフェイスブックのAIシステムに対する2つのアップデートによるものだ。まず、フェイスブックは現在、投稿内容のニュアンスと意味をより正確に解読できる、大規模な自然言語モデルを使用している。過去2年間のAI研究の進歩によって実現したもので、人間の監修なしでニューラル・ネットワークの言語トレーニングを可能にし、手動でのデータ・キュレーションによるボトルネックを解消する。

2つ目の更新は、テキストの入った画像などのコンテンツ(悪意のあるミームなど)を、フェイスブックのシステムが分析できるようになったことだ。混合メディアのコンテンツを検知するAIの能力には依然として限界があるものの、フェイスブックは新しいデータセットを公開し、より優れた検知アルゴリズムを募るコンペも立ち上げている。

こうしたアップデートにも関わらず、AIは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生源に関する陰謀論や治療法に関するフェイクニュースなど、急増するデマへの対処で大きな役割を果たせずにいる。代わりに、フェイスブックはファクトチェックを実施する60以上のパートナー機関の評価者たちを頼りにしてきた。人間の評価者が、誤解を招く恐れのある見出しの付いた画像などのコンテンツにフラグを立てた場合にのみ、AIシステムは同一または類似のアイテムを検索する役目を引き継ぎ、警告ラベルを自動的に追加したりアイテムを削除したりする。フェイスブックのチームはデマの新たな例を見つけ出せるよう機械学習モデルを訓練できておらず、マイク・シュローファー最高技術責任者(CTO)は、「いままで見たことのないコンテンツを理解して分類するシステムの開発には、長い時間と多くのデータが必要です」と述べている。

この問題は、AIをベースにしたコンテンツ管理の限界を示している。システムは、以前目にしたものに類似するコンテンツは検知できるが、新たなデマが登場すると検知に失敗してしまう。フェイスブックは近年、より迅速に対応できるAIシステムの開発に多額を投資してきたが、これは同社だけが抱える問題ではなく、AI分野の大きな研究課題の1つであり続けている。

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
カーレン・ハオ [Karen Hao]米国版 AI担当記者
MITテクノロジーレビューの人工知能(AI)担当記者。特に、AIの倫理と社会的影響、社会貢献活動への応用といった領域についてカバーしています。AIに関する最新のニュースと研究内容を厳選して紹介する米国版ニュースレター「アルゴリズム(Algorithm)」の執筆も担当。グーグルX(Google X)からスピンアウトしたスタートアップ企業でのアプリケーション・エンジニア、クオーツ(Quartz)での記者/データ・サイエンティストの経験を経て、MITテクノロジーレビューに入社しました。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る