KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
フェイスブック、政治広告の非表示を選択可能に
Getty
Facebook is going to let US voters opt out of seeing political ads

フェイスブック、政治広告の非表示を選択可能に

フェイスブックは、ユーザーが自分のフィードに政治広告を表示させないことを選択可能にすると発表した。 by Charlotte Jee2020.06.18

フェイスブックは、近日中に、ユーザーが政治広告の非表示を選択できるようにすると発表した。少人数のグループからなる米国のユーザーに、フェイスブックやインスタグラムのフィードに候補者や政治活動委員会が投稿する広告を非表示にする権限を与え始める。今後数週間で、すべての米国ユーザーおよびその他数カ国にも拡大していく予定だ。

USAトゥデイ紙の論説の中でフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ共同創業者兼最高経営責任者(CEO)は、引き続きユーザーに投票を促し、登録有権者を400万人増やしたいと述べた。「フェイスブックは、有色人種を不平等に標的にする有権者の弾圧を防ぐだけでなく、確かな情報に基づく有権者の関わり、登録そして投票率向上を積極的に支援する責任があります」。

フェイスブックは、近年に直面したバイデン候補の大統領選挙戦キャンペーンを含む最大の批判に応えようとしている。その批判とは、フェイスブックが自社のファクトチェック(事実確認)プログラムから政治広告を免除しており、その結果として、政治家に無責任にウソをつく場を与えているとするものだ。だが、ユーザーが広告の非表示を選択できるようになっても、事態は変わらない。

今回のフェイスブックの動きは、もう1つ、オンライン政治広告についての一般的な批判にも取り組んでいない。それは、有権者を地域や年齢、ジェンダーなど個人の情報を細かに分析するマーケティング方法は説明責任が減少し、デマをより速く広めることになるため、民主主義にとって不健全であるということだ。 ソーシャルメディア企業各社は、この件について、それぞれの対応が異なっている。ツイッターは昨年、 政治広告の掲載を禁止した 。ジャック・ドーシー共同創設者兼最高経営責任者(CEO)は、「政治的メッセージは金銭ではなく努力によって伝えるべきだ」と述べている。

人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  3. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  3. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る