KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Neuroscience Can’t Explain How an Atari Works

神経科学は、ドンキーコングの動作すら解明できないことが判明

人間の脳は人間の脳を理解できるのか? さまざまなプロジェクトが脳を理解しようとしているが、脳の複雑な働きはまだ解明されていない。では、ドンキーコングを実行中のプロセッサーならどうだろうか? by Jamie Condliffe2017.01.13

人間の脳を分析するツールを、ドンキーコングを実行しているコンピューター・チップに適用したら、ツールはゲームを実行中の部品の動作を明らかにできるのだろうか。

米国政府のブレイン構想など、多くの研究計画は、脳細胞と神経回路がどのように形成されているかを表す膨大で詳細なデータセットを構築しようとしている。科学者は、脳の働く仕組みを理解するために、データ解析のアルゴリズムが使えるのではないかと考えているのだ。

しかし、そんなデータセットはまだ存在しない。そこでカリフォルニア大学バークレー校のエリック・ジョナス研究員とノースウェスタン大学のコンラッド・コーディング教授は、自分たちの分析用ソフトウェアで脳よりも単純なモデルシステムの動作を解明できるだろうか、と考えるようになった。

ふたりが選んだのは、1970年代後半に登場した初期のパーソナル・コンピューターであるApple Iやコモドール64、あるいはアタリのビデオゲームシステムに搭載され、一時代を築いたCPU「MOS 6502」だ。脳とは異なり、シリコン製の小片は人間によって作られ、すべてのトランジスターの配置と接続関係が完全に理解されている。

研究者はソフトウェアがいかに正確にMOS 6502の活動を記述できるのかを確認したかった。そこで「ドンキーコング」や「スペースインベーダー」、「ピットフォール」(日本版は「 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント